くろまめのをりをり17(2019年1月から)


       シンプルな暮らしが不自然に感じられなくなりました。
       白髪も馴染んできました。
       面白いことは後からもついて来るので毎日が飽きません。

 


 「5%の酔い」   (2019年1月15日)

私はお酒を飲むと、顔が赤くなります。アルコールの分解度が極端に低い 体質ですが、みんなとワインを飲みながら過ごす時間は大好きなのでなんら 不自由はありません。みんなは私の体質を承知しているのでワイングラスに 注いでからは私のグラスにかかわりを持ちません。楽でいいです。 年末年始は日本酒に酔いました。とっても小さな盃でお代わりしました。 二杯の酔いの時間が長かったです。ほんのりほんのりとして。 三が日を過ぎてからの時間は、あれよあれよと流れて行きました。少しばかり 流れをゆるやかにしたくなり、家事の手抜きをしてみました。弛みと緩みの 相乗効果を発揮したものの、やがて、買い出しに行く羽目になったのです。 食品の買い物は2人して楽しめます。行き帰りはドライブコースに入ります。 リフレッシュ! 久しぶりの正しい夕食に力が入ります。夫は晩酌の最中、私はノンアルビール を飲みたくなりました。アルコールに弱い私に、と友人が持ってきてくれていた のをテーブルに着くや開けました。グラスに入れ、乾杯! う、う、味になんか感じるなぁ。思いましたが、ZEROですから。それに会話も 面白いし、おかずもなかなか良い。二杯目辺りで、顔が熱くなってきました。 夫がおもむろに缶の表示を見て、「5パーセント」と呟きました。 そうなんです! 糖質とプリン体はZEROですがアルコール分は5パーセントだった のです。酔いました。具合が悪くなりました。脳も手抜きしていました。すぐに 寝ました。ハイ! それからは日々のルーティンを無理なく、自分の尺度で清く明るく正しく、まぁまぁ 整えているところです(笑)