里津子の窓16

人生で大切なものは”孤独の引き出し”です。家族や友人も知らない一生自分しか開けない
引き出し。それぞれが、整理したり何か彩を加えたり要らないものを捨てたりする。ある人
はその中に絵や歌や詩やゲームやメールや様々なものをしまっておくのは言うまでもありま
せん。何も置かないすっきりした空間で安らぐ人もいるでしょう。そこはとても大きなパワ
ースポット。自分の心の中の引き出しです。

******** 「里津子の窓1」の下段に「写真ギャラリー」を移設しました。********





プチ牧場に花一輪 (2022年11月19日)

薄青い空には細いすじ雲。黒目きりりのそらくん。

5畳のアトリエは身動き取れず、100S2枚は廊下に? (2022年11月17日)

床全体にビニールシートを敷き更に上に新聞紙を敷いています。 この新聞紙を厚めに敷く方法はグッドです。足が意外と温かいので 古いサンダルを履いて更に防寒です。狭い部屋でエアコンを使用 すると喉がカサカサしますから何時もマスク使用。しかしながら サンダルが新聞紙と相性悪くガサガサと煩く蹴躓きます。 50号三枚位同時に制作すると古い木のイーゼルがブツカリ嫌がり まこち不具合多々です。北側の部屋は冬は更に根性が必要です。 ブラインドとカーテンを窓に使用していますが手が届かない カーテンは長い棒で開け閉めです。ブラインドは安物ですが 絵の具やら飛びます。壁も勿論汚れます。 誰に頼まれたのでは無く自分の好きで追求している世界ですから 新しい発見の為に呆けないように忘れないように進歩するように 心がけています。つい最近演習で制作した作品、これじゃダメだわ と気づき、でも描いてみないと分からない物でもあり納得です。 その先にストンとココロに落ちた画法がありました。忘れないように メモしておきます。何故いままで気がつかなかったのか。でもこれは タシロ先生が言っていたように自分で探さないと進めない事なのです。 他人から見たら抽象的な分野のことなので家族も理解しません。 会得しないと続投、量産出来ません。結構大変な世界です。 時々そらくんが入り口のオシッコシートをワザと汚しに来ます。 これが又面倒で取り替えるかその部分を折りたたみ隠します。 ゲームの一つなのでアタマの良い犬は疲れるわとボヤキマス。 血圧を病院で測った時、低血圧だったのに180位在り焦りましたが 新宿の病院の主治医は血圧なんて心配しなくて良いと言っていたし 今の病院の内科医は管轄外と言うし、結局気にしないことにしました。 毎日シンパイやら不安やら様々なアクシデントの繰り返しで鈍感に なってきたかも知れません。世の中の皆様同じくです。 兎に角やりたくて始めた世界ですから自分の納得がいくまでドンドン 描いてみるしか無いでしょう。しかし1日が終わる速さと言ったら。 犬は昼間も散歩に行きたいので1日4,5千歩になります。体調が 悪いとノロノロ歩きになり定点観察どころでは在りません。 極近所の消防署の前を通過するときは何かあったらこの白髪女性を 想い出して下さいとココロの中でつぶやきます。神社にもお礼の つぶやきです。暖かい日射しがあるとそれだけで幸せ。感謝。

節電ひなたぼっこ中 (2022年11月8日)

南向き窓辺の午前は温々天国でホカホカ犬になります

6ヶ月振りの美容院、病院、美術 (2022年11月1日)

美容院にはかつて長くても3ヶ月間隔で行っていました。店は何処にでも 在りますが古くからの付き合いで白斑症の説明もしてありますから安心。 白斑症が頭皮全体を占めていますから100%白髪です。ピカピカ光る位の 素晴らしさですから5分ほどアッシュブラウン毛染めを使用しただけで ネイティブな色に染まり良く褒められます。白斑症はおでこにも半分 ありますからタオルでアタマを隠しても一寸辛いモノがあります。 どうもつむじが二つあるらしく後頭部は毛の量が多くて夏など汗だくです。 母の胎内に居るときに強力虫下しというモノを使用せざるを得なかった とのことで頭部がよじれたに違いないと解釈しています。カンが鋭いかな と感じていますのでその辺から来ているのでしょうか。この事は美容師 さんはタブーとして客に伝え無いものらしくつい最近知りました。 ヘアスタイルは一つ。毛が癖髪なのでそれを生かしたカットのみです。 6ヶ月モノ長い間汗だくになりすぎてとうとうさだこ見たいに髪の毛 を前に垂らしてカットしてその後横も適当に切りました。くせ毛の ウエーブで決まりおお以外と上手じゃないかと家人に言うと上手だ とのこと。髪の毛の少ない家人の言葉は信用できませんでしたが。 ぜるでは紙切りばさみで切った話などで大笑いしながらでした。 住まいの道を挟んで向こう側にカットのみの新しいお店が出来ましたが 男女子供様々予約無しにですから白斑症の身としては気後れします。 もっと呆けたら行くかと考えています。 地域の中核病院に変わり一安心していたら超の付く混み合いが凄くて 高齢者が押し寄せるから当然ですが市中病院への変更を言われています。 容体が安定していますから仕方無しです。来年1月CTやら血液検査の 上変わります。住まいの極近所の内科は開く前からヒトの列が出来ていて 家族に続きお願いする勇気が削がれます。幸いバスで今の病院近くを 示唆されて居ます。近い将来高齢者がごそっと居なくなったら病院は どうなるのでしょうか。 美術力は容体安定の重要素ですからせめて後三年は頑張ろうと小品や 上野の森の大賞展目指して制作中です。勿論来年8月の公募展も ターゲットです。ムスメがお母さん他に挑戦してみなさいとささやく ので過去にも挑戦して成功したりダメだったりです。有り難い存在の ムスメや犬のそらくんです。12月末には恒例暁でのアートで語る展 に参加します。4号2枚ですが小品は結構難しいのです。 手の指先が少し曲がり気味で痛いとバンドエイドを巻くとアラ不思議 翌日には痛みが無くなります。アチコチの指が痛いと4本位バンドエイド が並びそらくんがいぶかしげに見ています。あれ噛んで居ないのにと。 リウマチが70代で出ていた母がゆで大豆酢漬けが良いと言っていたのを 想い出し煮干しも酢漬けにしてせっせと食べています。すし酢を使用。 心筋梗塞後食事管理が忙しく食事作りは面倒です。掃除買い物は家人 の仕事とは言え主婦の目で家の中をチェックすると気になることが多。 家人は散歩や自転車やゴルフ練習を頑張り本日は病後初ゴルフです。 癌の手術後のお仲間とですから病気自慢に花が咲いているでしょう。 シルバーのアルバイトも単発1時間とか出来そうなのを選んで実践。 毎日夕食時にのむ赤ワインやノンアルコールビール代が稼げます。 社会参加も大切だと思います。ワタシの話し相手は主にそらくんです。

柊の花は小さくて強い香り (2022年10月29日)

柿の実、柊の垣根、刈られて見通し良い街路樹と空。

小寒い朝の散歩に傘忍ばせ (2022年10月24日)

キンモクセイは今年2度目も満開。柊の白い香りあり。

荒れ野がプチ牧場になった (2022年10月21日)

景色がサッパリして枯れ草の匂いにホッとした朝。

中々刈られない夏草、突然立ちすくむ犬 (2022年10月8日)

そらくんとの朝散歩時には何事も無くぼおーっと歩く40分位と ドラマチックな時と色々です。今朝は昨夜の凄い雨風の影響で カモガヤが細い道の真ん中に倒れ込み種が犬の毛に付着する心配。 穂を分けて歩きました。10年近く住んで余り経験が有りません。 小学生も歩く道ですが昔の田舎と違い公の仕事なので親が刈り取る 事は無いでしょう。 幼少時の田舎では村の人達が直ぐ刈り取り歩きやすくしていたと 思います。家人に話すと管轄が移ったのかも知れないと。確かに 針金を新しく張り直した時は売り出したかと思いました。しかし 経済がどう動いているのか解りませんが売れていません。 以前新宿の病院に通っていた時には消化器内科主治医がこの カモガヤアレルギーらしいことが解り小さな悩みでした。 この草にまみれて以前玄関から走り出て我がそらくんに恐怖を 与えたあの犬が呆然と立ち尽くしていた時が有ります。冷静に 後ずさり程よい距離でゆっくりと来た道を帰り別の道を選び ました。以外にも立ち尽くしたままの犬君でした。中型の部類の 毛むくじゃらくんです。どなたでも注意して手を出さない様に。 ジャカルタに住んでいた時も大型警察犬みたなのが玄関から走り出て 敷地内散歩のりんごちゃんの横にピタリ。ゆっくりと何気なく歩き 主がすっ飛んで来るのを待ちました。この人は2頭も飼い乗馬も する若い女性でした。日本で海外から来てコンナ暮らしをする日が 来るだろうかと思いますが、来るでしょう。確かその頃は何十年か 後その国に買った土地を返す決まりがあったような。 朝の住宅用空き地はホボ野原に見えます。定点観察していますので この野原が意外と好きかも知れません。写真はそらくんが引っ張る ので1,2回しか撮れません。今小品を何枚か描き直して野原シリーズ です。何とか自己流描き方を編み出せそうですから演習ではない 作品にせねば。もう遠方に習いに行く元気がありませんから気合いを 入れて制作しないといけません。なんてつぶやきながらの一生か。 パソコンから検索して学ぶことが非常に多くて助かります。誰かに 聞かないでも自分で考えることが出来ますので有り難い時代です。

脇道カモガヤが穂を垂れる (2022年10月8日)

セイタカアワダチソウも花盛り。横の保育園アレルギー心配。

絵画公募展の不思議、これで良いと言う絵にならない自分 (2022年9月26日)

絵は幼少の頃から好きでした。紙一枚とクレヨンが有れば一日中 大人しく遊べる子供でしたから4番目の子供の常として気楽で マイペースなモノでした。加えて村から少し離れた石灰工場 であり外で大声で滅茶苦茶歌を歌おうが誰も気にしません。 絵を描く紙は裏紙で有ったり塗り絵であったりワラ半紙とか。 女の子の顔とかせっせと描いていました。 少し大きくなると山や木々や四季の花々や湖等ワタシを描きなさい と言う様々が多くなり観察力も上がり絵は更に楽しくなりました。 学校の絵の先生もとても良い方に出会い励まされたと思います。 現在都会を離れて山里で畑を耕し鳥を飼い川の魚を捕り蜂蜜 等も手に入れて暮らす若い人達の様子をTVで観ますが正に 幼少時の暮らしなのですが今は選択肢が多い良い時代です。 いまだに絵画スタイルが決まらず横浜で習っていた先生も勝手に 描きなさいの世界でしたから益々迷路にハマリマス。 小中高までは友達に絵を頂戴と言われ手元に残らなかったモノです。 何故だろうかと自問自答。難しい世界にはまり込んで居るからか。 今では欲しいと言うヒトなど誰も居ません。いやムスメくらいか。 チャンと習うとつまらなくなると良く人に言われますがココはコウ しなさいと言われて描くと完成度は上がります。全部言うとおり に描くと100%の出来のはずです。何処に出しても入選です。 過去や現在の有名な作家を頼りに絵を描くとパターンにはまり込んで 抜け出せません。そこで画廊のお誘い時には2,3人を念頭に演習 をします。良かったり悪かったりです。美大を出ても僅かしか画家 として暮らせないと聞きます。現状は知りません。好きで続けている 気楽な身分ですがオカネモチではありませんから大変です。 PC検索すると意外に海外の人達が日本の新人画家の絵を購入する とありヤッタネヨカッタネと人ごとながらエールを送ります。 お金がナイト生活できませんから本筋から外れてしまいます。 何故に続けるのか。PCなどで検索して学べる楽しさ難しいと言う 公募展に挑戦するワクワク感。おお絵が良くなったねとムスメに 褒められるうれしさ。家人は殆ど参加せずですがカラダやココロ の最善のよりどころとして認めている様子です。 絵は失敗してからこうすれば良かったと気がついて次の作品に気持ち が動きます。そんな繰り返しです。後3年もすれば5人に1人老人 の社会になるそうですからカラダとアタマを鍛えないといけません。 少しずつ進歩するのは中々良いモノです。 インドネシア8年近くの旅でもう飛行機に乗りたくないのです。 犬のそらくんと泊まれる近県車旅位でしょう。家の中が好きです。 巷では旅旅と喧しいですが残念。こればかりは協力出来ません。 自然災害に遭われた方々に一日も早く公の救いの手が届き ますようにお祈りしています。

毎朝の空き地のドラマ (2022年9月19日)

お邪魔虫のカモガヤも実る荒れ地に新築の日来るか?

一鉢の寂しさと清々しさ (2022年9月16日)

そらくんは暑がりなのに陽だまりや室外機温風好き。

コスモス散る、チャレンジャーは頑張る (2022年9月14日)

今年の新制作展には名前がありませんでした。残念。家族はええーっ、 良かったのにねと慰めてくれますがパワーダウンでチャレンジ力が不足 していたのは確かです。だいたい去年が希だったのでしょう。 チャレンジャーですから勿論来年もトライします。タイトルの赤道祭り も良くなかったかも知れません。インドネシアは赤道直下の国であり そこに8年近く滞在しましたので自分の旅を重ねましたが他人には 伝わらなかったに違いありません。旅くらいが適当です。 コンセプトとマイメソッド。現在の立ち位置が老齢化してしかも甘い のかも知れません。たまに余り考えないで描いた作品が好評だと逆に えっ何故だろうかと考えます。色んな絵を描きますので中々同じ作品 は難しいと感じてしまいます。まあ気楽な世界の気楽な発信です。 今では油絵の具自体古いツールなのかも知れません。72才の自分 からすると中学生の頃に10才上の兄から貰ったお古の画材は 宝物でありました。今では汚れるしくさいし画材売り場でもドンドン アクリルやら他の素材のものに場所を取られています。ヒュー(偽) では無く本物の絵の具は高くて余り買えません。本物は色が冴えてます。 タシロ先生はよく水彩みたいに描きなさい。空気感も出す。と言われ ました。古い頭ではいやいや重ね塗りもいいでしょうと抵抗しました。 この辺の葛藤が他人には理解できない絵画の世界で有ります。 大分解ってきたら時間切れになりそうで焦ります。 シャープな眼差しと思考のそらくんに鍛えられてぼーっとしていられ ません。家人とこんなに小さいくせに凄いよねと話し合います。 心臓疾患でヨロヨロ気味の家人は自転車や散歩、買い物係ゴミ捨て係 とマダマダ役に立ちます。塩分糖分管理やら料理の質を考えないと いけないので一日があっという間に過ぎてワンパターンな自分です。 朝だけは家人がパンにレタスハム卵等選びコーヒーも入れてくれます。 それだけでもどんなに助かることか。フルグラにバナナヨーグルト がワタシの朝ご飯です。栄養付けると体重が増えて困ります。 人それぞれで月日は過ぎます。チャレンジャーで居られる事に感謝。

マイペースなそらくん、万年初心者の母ちゃん (2022年9月9日)

夜中に母ちゃんほらトイレに行きなさいとベッド下から呼びかけます。 ハイハイと仕方なく漢方酒を飲みにキッチンへ行きます。明け方4時5時 には本格的にベッド枠を両手で揺らし起きなさい起きなさいとウルサイ。 面倒くさいなあと思いますが有り難いとも言えます。6時過ぎには散歩 に出ます。そらくんは毎回後ろ足立ち歩きをして大喜びなのですがケガ をするのでハラハラです。非常に物覚えが良いのでパターン化した日々 になるのはまことに面倒です。 しかし今でもしつこく首の辺りの毛玉を指先でほぐそうとするとギャッ と怒り噛みそうになります。もちろん現在ではアッ悪いことをしたと 落ち込み少しの間寄ってきません。こちらも放っておくといつの間にか そばに来て母ちゃんと甘えてきます。トリマーさんも決まった人しか ダメな様子です。 今年の新制作展の搬入を依頼しました。考えてみると長い間コツコツと 絵の勉強はしてきました。美大は出ていませんので理屈やら構成やら 技法にかまけてしまい自信がないまま72才になってしまいました。 でも憧れの会に出せることはチャレンジャーとしては嬉しいです。 国展は7回入選しましたが130号の大作は自宅で制作できないので 諦めました。8年近くも横浜のアトリエに通い楽しい時間でしたし 国展の先生方のお名前と顔と優しいアドバイスも思い浮かびます。 新制作展は大から小まで搬入可能ですので自宅の狭いアトリエの中で 可能な中から小まで描くことを考えています。年齢と共にです。でも と簡単には言えない難しい会なのです。入選率が厳しくて有名です。 Sさんの平面構成の本やらWさんの絵を参考にしたりIさんの世界に 共感したりで若い頃から非常に長い間の憧れが詰まった会と言えます。 体調不良と家人の病に押しつぶされそうでしたが持ち前の前向きな 性格で又制作に向かっています。 昨日は住まいの後ろの方の空挺部隊辺りからバリバリと訓練の音が 響いてきました。ドスドスと大型のヘリコプターの通過音も。 帯状疱疹の傷跡が痛みましたがキンカンを塗り痛くない痛くないと 脳みそをだますとアラ不思議。何となく治ります。ノー味噌です。 世の中のこともダイジョウブと自分をだます必要があるかも。 家人はシルバーの仕事を選んでゴルフ代の足しにすべく考慮中です。 その内首の辺りの血管の治療が待っている様子。ファイト。

田んぼの神様が護って下さったに違いない (2022年8月28日)

毎朝犬散歩で通過する稲荷大明神様に家族全員+犬のそらくんよりお礼 の言葉をつぶやきます。そして空を仰ぐと本日の雲行きや風の方向が 確認できて更に有り難いのです。以前何の木か可解らない良い香りの花 を付けるのはその後スーパーの花売り場で花付きの枝を見てシキミ だと確認できました。散歩コースの木のことです。正解かどうか。 家人の入院騒動や自分の体調の悪さやムスメの病やらで予定していた そらくんの予防接種やら歯科の定期通院やら美容院カットが出来ず 我が髪の毛に関しては又紙切狭でセルフカットでした。意外に上手 に切れています。カツラみたいに見えます。 4回目のコロナ予防接種が終わりましたが多少腫れて痛み37度位 の発熱だけでした。今までで一番軽く済んだのです。蕁麻疹も出ません。 不思議なのですが過去10年位は蕁麻疹に悩まされてきました。 家人の救急車騒動の後に自分の具合が悪くなり発熱39度近くには ストックカロナールを6時間おきくらいに飲み左耳後ろのズキンには バファリンをヤハリ6時間おきくらいに。この薬は初めて使用しました。 その後右腹の張りと痛みにはクラビットを日に1錠5日間。この薬は 過去10年くらいの間に効果的に使用していますが定かではありません。 どの薬も混ぜて飲むことはしません。胃腸薬も併用しました。 その後黒色下痢便がでました。4,5才の頃山里の家で疫痢に罹り トラックで街の病院に入院したときは確か緑っぽいモノでした。 引き上げの人に貸して居たので遊びに行き親に散々叱られました。 その後保健所の指導厳しく村は全部金銀白紙検査になったのです。 現在3キロ落ちた体重は戻り蕁麻疹が出なくなったのが不思議です。 思えば海外に8年ほど暮らした辺りから蕁麻疹体質になったと。 まあコンナ経験を記した所で参考になるとは思えませんがなれば良い とも考えています。定期通院時に主治医にはお話ししておきました。 生き延びている幸せに感謝するしか有りませ鶴亀鶴亀

令和4年8月 6日の早朝 (2022年8月6日)

夏草が生い茂る空の上は碧く広く自由に違いない

ストレスで耳鳴り、背中右の痛み、時々セミの声 (2022年7月28日)

血圧が上がると耳鳴りがひどくなる。酷暑の中家人は自分で 病院支払い等済ませてタクシーで帰宅の運びである。バスで5分 だからタクシー遠回りでも15分はかかるまい。世間の難しい 状況からすればキワドクセーフの家人のオペだった。今時の手術 は早く動かし日常に戻すのが常識らしい。確かに1週間ベッドに 寝て居たら筋肉落ちて当然心臓筋肉も痩せ細るのだ。 先生にお礼を言いたいとは思うが家人は呆けているわけでは無い ので自分の事は自分で出来る。入院中必要なモノはサンダルまで レンタルだったので小さなリュックサック一つであった。 食べ物にうるさい家人なので病院の食堂で好きなモノ食べてきてね とメールしてヤレヤレだ。街中はコロナコロナで何処で感染する か解らず警戒する。手術に時間を要した今回である。鶴亀。 月曜日入院木曜日退院の運びである。 高齢者は自宅で。いや高齢者こそ外出して刺激を。つい先日高熱 で苦しみ陰性とは言え陽性のような大変さを経験した自分は自宅で を選択したい。全くジェットコースターにしがみつく思いの日々だ。 背中右の痛みは最初点々点と痛みが移動してその後線を描き広がった。 初めてのことなので携帯検索したらストレスから来るとあり一安心。 帯状疱疹が起きてくると困る。何処に寝て居るのか解らない。 油絵100S2枚目に取りかかった。ストレスが飛び散って行く 感じがする。犬のそらくんは昨日からおやつや犬ミルクしか食べない。 トーチャンに歌を歌って貰い食べるんだからと頑固この上ない。 居間のエアコン28度風強く扇風機も回す。犬が移動するカーチャン の寝室も28度でエコ27度。電気代が高いと何時も家人に叱られる。 際どいところを急カーブシテイッタ災厄たち。夏バテしている場合では 無い。五黄の虎パワーだ。ムスメが都内に帰るときガオーと虎ポーズ したら、ソレカイと呆れた。コロナに好かれやすい困った人だ。 家人が帰宅してそらくんが知らないヒトの様に吠えまくっている。 昼ご飯はソーメンにしよう。お帰りなさい。

昭和人は環境に恵まれない田舎出身が多かった (2022年7月23日)

田舎の山野では精神的に鍛えられる環境や癒やされる自然界 等に恵まれては居ても上京した人々は環境に恵まれたとは 言えないと思う。そもそも手探りで都会の交通事情やら諸々 覚え迷い仕方なく大人になっていくしか無い事もあった。 72才になり想い出し後悔しきり。あの辺で気がついて方向を 転換すべきだった。そして鉄の強さで意思表示して勉学にも 勤しみ有効なモノを察知すべきだったと。しかし時すでに遅く 現在の自分に何が出来るか出来ないか理解しないといけない。 かと言ってケシテ恵まれていない時代でも無かった。新聞には 求人が溢れていて望めば知恵を駆使してよじ登れる世界も 見えていた。現在は安かろうで悪かろうですっかり慣れてしまった 悲しさが見える。ナニが良くてナニが悪いのか判断するにも困る モロモロが多すぎる。余計なことを考えないと良いのだろうか。 知らない事は考えない見ないという生活で良いとは思わないが 情報やらが多すぎてノー味噌が働かないのだ。 家人が先月初めに引き続き2回目の心臓治療で入院する。自分も そうしていたように入院書類アレコレや用意するモノアレコレや すべて自分でして貰う。出来なければ手伝うがまだ必要ない。 自宅から病院玄関まで入っているバス10分を利用して貰う。 コロナ事情で喧しい状況にありオペ時の待機は出来てもその後の 面会などは出来ない。自分もバスで病院まで行くつもりである。 家人の車には常にゴルフ道具が積まれ人と一体化した自動車だ。 それはそれで良いと思うが自分が8年間住んだインドネシアでは 運転手と車がないと何処にも行けない事情があり今日本でバスという 便利な乗り物を利用しない手は無いと考える。友人はバスでねえ とあきれている。同乗していた老夫婦がお父さんバスが病院の 玄関まで入るんだよ、良かったねと大喜びしていた。同感だ。 もっと涼しくなったら歩いて行きたいモノだ。 なんだか自分自身もきわどいところで踏みとどまった様な気がする 体調や日常である。都内ムスメは2年前と最近感染してしまい軽いが ごくごく最近は何と濃厚接触者だ。もう追跡は出来ないから 何としても飲み薬や予防接種国産よろしくよろしくお願いします。 田んぼの神様八百万の神様どうかどうか国産品治療出来ますように。 医療従事者の方々が安心して患者と接する事が出来る当たり前の 日々が早く来るように祈ります。医療従事者の方々に深く感謝します。

久しぶりのPCデポで旧時代人の自分にトホホ (2022年7月12日)

ムカシ仕事でIBMの小さなPCを使っていたらいきなり画面が黒く なり消えたりしていて大変だったんですよと言うと担当のSさん はえっそれって相当昔ですよねとびっくりしていました。 今マイクロソフトのサービスがエッジに変わり殆ど使いこなして 居ないのに定期チェックのタイミングを病気騒動で失い更に 使い辛い状況多々で心筋梗塞後シンパイ家人にPCを持ち込んで 貰いました。落ち葉マーク2枚位は車の後ろに貼るべきだと 思いますが中々貼りません。 徒歩と電車と又徒歩で自分で持ち込めますがヤハリ重い荷物 ありで泣く泣く家人の車に乗りました。暑い日なのにそらくんも 乗せてです。ペットボトル大を凍らせてビニール袋に入れたのは 車のシートの上で犬は背中をピタリとくっつけてクールダウン最高。 家人は筋力が落ちて喉の発声が弱々しい感じになりましたが気合い を入れる状況にあらずご飯を沢山食べても太らないと言います。 焦りまくっている家人に、だから糖尿病の方がシンパイでしょうと。 降圧剤と血液さらさら薬飲んでいるのにコロナ4回目に走りそう なので医師に聞いてからですと。定期歯科検診も医師に確認をと。 自分がシッカリしないといけないと頑張っていたら膝の方はだいぶ 普通気味になってきました。ただ肝臓付近や胃腸付近の小さな痛み は気になります。帯状疱疹再燃は困ります。体重が減少して来た のでこれは有り難いです。まだ2,3キロで後それ位は減少可。 4泊位で戻ったPCは整理されてムダなおすすめも無くなりサクサク 展開で気分が良いです。パソコンは5,6年めどに下取りして貰い 買い換えるのがベターらしいです。今は携帯で何でも出来るので PC持たない若い人が多いらしいです。自分で問題を解決しながら 使いこなせるのは中々難しいからでしょう。 更に進んでドンナ機械社会が来るのでしょうか。人も機械の中に 取り込まれたらどうなるんでしょうか。ナンテつい考えます。 師匠の空に浮かんだりんご(アップル)の絵は言い得て妙な絵画 だなと改めて思います。今までじっくり考える暇がありませんでした。 今まで見た絵の中で一番いいなあお茶目だなあと思いました。

コーヒーの味りんごの甘さご飯の美味しさ (2022年7月4日)

台風の前触れの雨が降り出しました。朝6時過ぎにそらくんと散歩時 には蒸し暑さと涼しさが同居する夏草生い茂る道でした。靴幅を重ね る歩き方ですから他人から見たらトボトボだろうなと思います。 昔も今も若い方から老年までこういう歩き方をしている人は見かけます。 イヤだな行きたくないなでも行かないと。疲れないように犬も自分も・ 考えてみると家人は特にこの3年ほどは怒りっぽくけんか早く精神的に 落ち着く暇が無く、かつワタシも売られたケンカを買ったりしてました。 心臓から来る不眠や血圧から来るモノなどに覆い被されて居たに違い 有りません。オペ後の尿道官挿入でオシッコの出は良くなった様子です。 もちろんもう隠れてタバコなんてとんでもない世界の事です。 丸干し鰯だったら一匹の半分以下。具沢山過ぎるスープはトマト味に して塩分極薄。キノコやらもどさっと入れて定番手抜き料理ナンバーワン。 家人はワタシが計算していないので栄養表を食い入る様にみつめて 朝もレタスにハム昨夜の残りの中華味挽肉とパン。時々豆挽いてコーヒー の支度も出来ます。 ワタシは今朝漸くコーヒーの味が分かり美味しいと感じました。心筋 でもコーヒーやノンアルコールビールはオーケー。いそいそと昼夕食卓に 並べています。コーヒーは豆を挽いて飲む習慣です。アメリカ式に 何回もお湯を足しますから午後の部はアメリカンです。 心臓の辺りが痛いというこらえ性が無い様子に腹が立つ事が有ります。 外はピーポーピーポー一日中走り回っています。家人は良い先生に当たり ラッキーだったとしか言えません。10年前に同じ病で足からカテーテル 入れて友人の医師にオペして貰った上司は病室から戻りませんでした。 10年後の今別段に進歩した心臓オペの世界である様子です。 ワタシは胃腸の調子が良くなり目力思考力も大分戻りました。 食べ物はイツモノ2倍以上かけてよく噛み麦茶を湧かして沢山飲みます。 絵画制作もピタリと止まって居ましたが大谷さん頑張れと応援しながら 自分の世界を描かねばと欲が出てきています。目力=頭脳だと再認識。 餌もろくに食べないワガママそらくんの面倒は母ちゃんがキチンと 面倒を見ます。15日はりんごちゃんの命日です。そう言えばりんごちゃん 旅立ちの投稿は悲しくて殆ど見ていませんでした。 そらくんが近くに寄ってきてペロペロと舌を出しています。 朝ご飯食べたい(夕べ食べていない)母ちゃんベッドに行って新聞タイム だよと。家人が歌を歌い頑張れ頑張れそらくんと励まし餌タイムって。 信じられない世界は何処にでもドンナカタチでも有るモノです。

続・アメアラレ雷のような日々少し落ち着く (2022年6月27日)

亡母に似て頭から汗がしたたり落ちる、着替えても着替えても 汗染みバッチリ広がりますが誰にも見られないから平気です。 短パン半袖で冷えるよりは良かろうと諦めています。エコクーラー していて厚いカーテンも少し開けるくらいで日射しをカット。 家人は自分で半袖パジャマ購入してみるも夜半冷えるからダメ だったとボヤイテイマス。 まだバファリンと胃薬は飲みます。左耳後ろのズキンが問題です。 しかし何と言うことでしょうか、あれほど蕁麻疹に悩まされていた のに黒色腸内問題から後蕁麻疹が出ません。腸内菌のバランスが トコトン悪くなっていたのがリセットされたのか。以前ガゼリ菌 にはまっていた頃ヤハリバランス崩して主治医に聞いたらそう言う事 は有りますと言っていました。もう戻って欲しくない蕁麻疹です。 家人は緊急事態続きから警戒心が強くなりすぎ今頃になって遅い とは思いますが気がつかないよりはヨシでしょう。 ここ海に割合と近い地域は風が結構吹きます。風を入れると暑さに 鈍感になり熱中症がよってきますから注意です。部屋の中やカーテン が汚れるのも困りものです。 家人は血圧セッセと計りあっ下が42だ。立ちくらみがすると 騒いでいます。ワタシは耳鳴り定着。食事塩糖分は以前の三分の一 位にしています。世間の皆様皆さん同じなのでしょう。なんとか この厳しい状況を乗り越え頑張りましょう。 そらくんは3カ所くらいの寝床を移動しながら健気にこちらの様子 を気にしている風でかわいらしいです。毛皮着ているからね大変 だよね。早朝散歩は楽しみだから母ちゃんもっと元気になるぞ。

アメアラレ雷のような日々 (2022年6月23日)

ワタシも病人の部類に入るのですが現状では心臓にダメージの 有る家人の方が重症と言えます。月初めから救急車で入院と 治療を受け退院3日目にして又救急車とかまびすしい家人です。 心臓は来月末に心臓入り口のボロボロ血管にステント治療を する事になり取りあえず胸骨切る手術は回避です。これは1ヶ月 入院になる大治療です。鶴亀。 ワタシの耳の後ろが痛い咽頭炎に対してバファリンと胃腸薬。右横腹 痛みと膨らみに対してクラビット5日間。バファリンは痛みが 収まりますが切れると少し痛くなりそろそろ止めます。クラビットは 腸内細菌を殺すので黒便出てびっくりしました。食欲は全く 無くなることは無いのですが味がイマイチ分からないので家人 に昼用ヘルシー弁当買ってきて貰います。食べ物にこだわる 家人がうるさいと感じたりします。ワタシの舌は異常事態。 PCR検査は陰性ですから近所の医院でも良いのですがデータが あるいつもの中核病院を視野にこの2,3日は平常薬と食べ物で 観察します。 犬散歩は1回くらいは家人に譲りますが基本最低1回は行きますので 近所で出会う人が急に凄く老け込んでいたり体調が変だったりすると 自分のことはさておきフームと考えます。ケヤキの大木がさわさわと 葉先を歩道までのばし頭をかすめるとき樹木葬だったらケヤキだわ と感動。この辺は昔稲田があったと思われる樹木達の太さ成長の 良さです。あじさいが街の花ですからアチコチで楽しい出会いです。 家人の来月末手術は3泊4日と聞いています。手回し良く入院手続き も済ませてきたそうです。今までアッチムイテホイで断捨離しない 家人でしたがお尻に火がついた様子でカタツケに余念がありません。 ホコリが積もり要らないモノだらけの部屋ですがこだわりがある らしく生活スタイルが違うので部屋は別々にで正解です。 人はそれぞれ好みも行動も思考も違いますから強要しないのが一番です。 そらくんは恐る恐る様子を見ながら小出しに我がままも言いますが 概ねよい子です。なんとも言えない家庭内モルヒネ効果です。 なんとかして絵に向かわねば。後一枚150号を描かないといけません。 エスキースは有りますがパワーが無いと絵にでてしまいますので。 部屋の中の花瓶のベニバナはもはや枯れてしまいましたがそれなりに 風情を醸し出しています。グラジオラスの元気なエネルギーが必要かも。

オマケに又の救急車やら私のストレス性胃炎やら高熱 (2022年6月14日)

退院したと思ったら二日後の深夜に胸が痛いと自分で救急車の手配 をした家人でした。丁度都内から娘が帰宅中で救急車に同乗して 貰いました。救急車はイツモノ散歩コースから来ていましたので 車の中でしゃべりすぎて叱られたと娘が恥ずかしいわと。 同じ病院の当番医に調べて貰い大丈夫ですとお墨付き一見落着。 一見落着かと思いきや私が多分ストレス性胃炎だと思える症状に なりました。以前にも経験しているのでこの件も落着かと思いきや その夜から高熱が出ました。ドンドン上がり39度8分とか近年経験 のない高さでびっくりして又家人に体温計を新しく買ってきて貰い ました。二日間以前消化器内科医師に38度5分以上に飲んで下さい と言われそんな高い熱でないんですよと言ったカロナール200 20日分。これが今回実に良い仕事をしてくれました。6時間おき位に 2錠のみ落ち着いてからは1錠に減らしました。 現在は左耳の後ろがずきんとする程度で熱は無く食欲も有ります。 そうそう今回役だったのは貼る冷えピタシートです。おでこと 首後ろと両脇に貼りました。 一寸近所の医院とか病院に行きにくい様な気がしてコロナワクチン 3回してると軽いと聞いていたしひたすら自力で回復です。 家人の糖尿や高血圧の食事管理やらそらくんのお散歩ショートカット やら重い荷物を買いだめしてくれている家人に感謝で頑張っています。 娘は魔法のごとく1回目2回目とこちらに帰宅していたので助かりました。 丁度亡母の命日辺りで力百倍。火葬中雨がピタリと上がり日が差した モノです。もちろんりんごちゃんパワーは侮れません。 一人暮らしの方は保健所に相談するとかしないと助からないかもです。 高熱はそんなに高いと言う意識が無いところが怖いのかも知れません。 帯状疱疹が再燃する事が怖いのでそらくんに歌を歌ったりして気を 紛らせています。結構強いオバアサンになったのかも知れません。 もちろんこうして投稿して自分を客観的に観るという事は冷静さを 保つ大事な作業です。

急性側壁心筋梗塞は怖い病気です (2022年6月5日)

初めて聞く病名です。家人が珍しく朝中々起きてこなくて眠れない 背中と胸が痛いと言いました。偶然先日同じ痛みで検索していたので もしかしたら心臓や腎臓などの病気かも知れないからかかりつけ医に いくべしと。近所の行列の出来る病院です。多少込み方が落ち着く 夕方4時を選択しました。 雨予報が出ているよと伝えたのに自転車で行った様子。海外生活の 経験からお互いに自分で出来ることはするという病院通いです。 携帯メールが来てこれから救急車で中核病院に行くから救急窓口 に来て欲しいと。外は大雨とオオカミナリでタクシーもおぼつかない のでバスにしました。都内のムスメも仕事が早く済んだそうで 私が先に行くからと言う頼もしい返事。 救急車から電話が来て有り難くお礼を言いました。経験上こういう時に 冷静になれる自分がいました。帰国して2回の入院時も自分でセッセッと 行動していたモノです。冷たいヤツと思われるかも知れません。しかし 頼る人が居ないときは仕方無しです。 カテーテルを入れて状態を見ます。書類を書いて下さい。テキパキと 若い医師に指示され取りあえず頑張ってねと家人はPCIに。その後ICU。 一日おいて今日は負荷試験オーケーで尿管外し室内フリーとか。 病名から検索すると怖い病気だ。若い医師は僕の判断でできる限り 処置しましたと。後はカンファレンスなんですねと私。安心出来た。 血液サラサラ薬を3ヶ月くらい飲んでから2度目の処置になるらしい。 ゴルフなどは出来るようになるらしくて一安心だ。ご先祖様や 田んぼの神様にお礼を言った。りんごちゃんにも。頼りになる娘 が居て良かった。鶴亀。 そらくんは何時も家人に励まされ餌を食べる犬なので鶏ささみおやつ やピーマンしか食べない。美味しい肉などチンして置いても食べない と言ったら食べない犬だ。しかし今回は初めて夜4,5時間留守番をした。 テレビや電気を付けて色々説明して頼みましたよと出掛けた。 椅子の座布団が引き下ろされていた位で無事でありこちらも一安心。 タイミングが良く運び何とも有り難いが今後はタバコ選びますか 死を選びますかと言うことになります。唐揚げとんかつ肉が好き な点も問題でしょう。10年仕事をしていたインドネシアは揚げ物 天国でした。習慣は改めないといけません。何時もこういう風には 運ばないでしょう。世の中だってこんなにママナラナイニュース ばかりです。高齢者は呆けてなんかいられません。ストレスに負けない。

トリミングで綺麗だね (2022年6月3日)

どうしてそうなるのかなあ?普通に此方向いて欲しい。

公園の入り口で出会った人達、人社会犬との生活に思う (2022年5月29日)

もう2回くらいでしょうか朝の公園で出会った人達の事です。 何となく東南アジア系の女性達かなとみていましたが足裏刺激の 石が置いてある健康ストレッチコースの公園で楽しそうに笑い 合っていました。 一人の女性が何か言いたげに私をみました。お早う。何処から来たの と一応英語で尋ねましたらフィリピンとにこにこして答えました。 働いているのねという問いにはハイと皆さん一斉に元気よくです。 頑張ってねとエールを送りました。次回も挨拶でしょう。 ただこれだけの事ですが以前住んでいた海外では日常的に交流 していたのに現在では少し面倒だと言う気持ちが有るのは事実です。 近所には色々な国の男女が自転車バイク歩き等で工場地帯などを 目指しているのに出会います。比較的人なつこそうだった自分も 10年くらい経った為に余り笑わない警戒心顔に戻ってしまいました。 滞在国では日本語を教えに行っている奥さんや資格を取り様々に挑戦 している人達が居たモノです。安全安心な自分の国に帰り元の自分 に戻っただけですが自分自身に対してため息が出ました。ヤハリ 小学生くらいから教育で経験を積み国際的な視野を持つべきか。 滞在していた国には沢山の外国人が居ました。国のルールを守り 得がたい南国の楽園を楽しむ人が主だったのですが見えた部分は ほんの少しだったはずです。資本の投入は有り難いと家庭車の 運転手も言っていました。庶民は生活スタイルを余り変えないで 地道に暮らしていると思いました。私達は良く観察されていると 感じました。その国の歴史は厳しい経験でしたから当然です。 大規模マンションに住んでいますが高齢で移り住んだせいか友達 は出来ません。干渉してはいけない又観察もしないと言う暗黙の ルールで知らない人と挨拶をしない主義の小さい子達が殆どです。 中学生くらいは挨拶を交わします。又大人には積極的にしています。 犬との生活で犬友達は居ますがなじむのは主や家の人のみの犬です からひたすらできるだけ2500歩位の定コースを日に2回位歩きます。 そらくんは割合と話し相手になりますから結構有り難い存在です。 1,2才のケガやら躾の厳しさもあったのか7才過ぎて漸く普通の犬 になったようです。何でも思う通りにはいかないのが人生でしょう。 アレコレ言わないで感謝と言うココロとは反対にアレコレ言います。 矛盾しているけれど立て直し反省して生きて行けるものです。

朝6時半の散歩は心地良い (2022年5月24日)

目覚ましちび犬が毎日母ちゃん行こうよと頼もしい。

ベランダ植物生き残り組 (2022年5月10日)

牛乳パックは油絵の具やその他色々に使える強者だ

重い本との出会い、春先不調、進まない断捨離 (2022年5月4日)

出掛けることが少なくなり用事も色々一回で済ませる生活です。 駅から20分のバスは渋滞や工事やらで30分以上掛かることも 多く片道2500円のタクシー代故陸の孤島と言われている比較的 恵まれた様なでないような我が家です。今まで余り感じなかった 不便に改めて気がついたのは年齢のせいだと思います。 先日半年ぶりに駅前の美容院に行きました。高齢者にも優しい 美容院ですから白斑症でおでこやら首の白さを説明しなくても 良いのが嬉しいです。紙切狭で前髪や後ろの方を調整して切って 居たんですよと告白して大笑いでした。頭皮全体が白斑症なので 真っ白白の白髪です。アッシュブラウンの毛染め1分で結構人に 褒められる色に染まります。外国人の方も目をとめる位自然です。 ただし3日も経つと白くなるのが面倒です。 最近街中で学生やらが自分と同じ色や白に染めているのを見かけて 色が戻ると黒と白のハッキリした境目のヘアスタイルになるだろう と想像しています。隣の若奥さんは昨日金髪で今日は上黒で下金髪 という個性的なヘアスタイルでびっくりしました。現代的です。 ベランダ植物に続いて断捨離をと意気込んでいましたが日常雑用 でへこたれていて、今では1日5個整理が目標になりました。 ただこれさえ中々実行できないので困ります。 出掛けた時に本屋さんを覗く習慣があり先日入って直ぐの場所に ジャカルタメソッドという分厚い本に引き寄せられ値段も税込み 4180円と高かったのですが迷うこと無く購入しました。 本は興味次第で色々読みますが咀嚼しながら先に進むのに時間は 必要でしょう。自分が生まれる前やその後の生活で勉強しなかった 事は多々ありすぎます。人は知らない事だらけの中で生きます。 ジャカルタではルカサマチャンティク(美は傷)という本に出会い ました。それぞれの国々の歴史は重く果てしなく迷い込みます。 しかし8年も暮らした唯一の外国ですから又日本人が大好きな国 ですから気になりました。何時も素敵な笑顔の方々を思い出します。 当時はデパートに大きめの紀伊國屋などが有りましたが値段が2倍 でそう沢山買うことは出来無かったモノです。 生まれ変わったら是非とも賢くなりたいと願って居ますが場所は 火星を目指していますからドンナモノでしょうか。 自分の絵の世界では明るく強く迷わない表現を心がけています。 赤道直下のインドネシアなので私の赤道祭りを描きます。

散る桜と低温でスモークしたガラス窓 (2022年4月14日)

裏のマラソン道は桜の古木が結構長い距離続居ていますが右近桜 や八重桜を除いてはゴミのように散る桜の花びらが厄介な事に なりました。雨で季節が進み緑の若葉に変化すると垂れ下がる 毛虫に注意する位になるでしょう。 そらくんは神経質な犬なので花びらのゴミが足に付着すると以前は とても嫌がりましたがこの頃は平気です。もうじき8才になりますが 普通になるのがすごく遅くて家族は苦労でした。ただその苦労が 結構ヒトを試し成長させる有り難いモノだと私達は気がついています。 主は一旦落ち着いた両足内側の蕁麻疹又シッカリ定着してしまい 体の弱い部分のお腹にも住み着いてしまいました。食べ物で出る のとは違い細かい痒くないのです。家人も海外生活で同じようなのが 出たと言うことです。昨日は背中と胸が痛くなり焦りましたが 高齢者ですので色々有りは普通なのでしょう。鶴亀。 集合住宅住まいで近所隣の日中や夜間の騒音問題が昨今多い様子です。 古い冷蔵庫のモーター音やらゴルフクラブ振り回し練習音やら色々。 確かに夜中12時過ぎてのドスドス音は目が覚めて眠れない悩み。 犬は中型二匹まで飼える所ですが声がやたらと大きいそらくんには 参ります。台風だと怯える家人なので一鉢残して全部処分しました。 土を捨てることは出来ませんので産廃業者3人来て貰い2万円以上 支払いました。僅かにカットしてガラスコップに差してあるのが けなげに生きて居るのみです。何とも広くなったベランダです。 帰国して10年間買い集めた植物はお世話が気休めになりましたが 日本は処分が大変だと言うことを忘れていました。インドネシアでは 何でも貰ってくれる人がいて引っ越しで要らないモノも喜んで持ち 帰りました。知り合いのトラックにテーブルや椅子や物干しやら 積んで帰り村の人と分けたに違いありません。鉢植えの植物やら キッチンのアレコレも。服も靴も帽子も傘も。ヤティさんの息子 は大学生でしたので英語のカセットセットを上げました。滞在中 一番お気に入りのお手伝いさんだった女性です。 先日86才の絵仲間夫人から電話がありました。今から青梅の美術館 と銀座の画廊へ行くのよ、医師の娘さんの仕事が午後は無い日で 車で回るそうです。帰国した頃銀座の画廊回りを早足でする彼女に ついて行けなくてゼイゼイしていた自分でした。渡航する前にも 絵仲間を集めてランチ会をして下さり一時帰国時もお世話になった 数少ない友人の一人です。重病を乗り越え慎重に暮らす様子です。 手先から絵筆がポトリと落ちるまで描きましょうねと笑い合いました。 考えすぎてしまうとせっかく掴みかけた絵画の尻尾がするりと 抜けてしまいそうな自分です。10年前はシッカリしていたなあと 振り返る今日この頃です。燃え尽き症候群になってはいけません。

久しぶりの上野美術館 (2022年4月8日)

自宅からは京成線一本で行けるので便利です。桜満開の時期で 自然と心もウキウキします。世の中の難しい問題はお休みにして ガラガラの車内から各駅停車一時間のウオッチです。沿線はすっかり 開発が進み新しいマンションやら高層ビルやらが埋め尽くし以前に 知っていた場所とは思えませんでした。オリンピック等を目指して 開発ピッチが上がっていたのでしょう。 勿論足にはアチコチサロンシップをカットして貼り付けてあります。 痛み止めも飲みました。この頃鼻水が多いのは花粉症かも知れません。 鼻の片方からだけ鼻水が出たり足の片方だけ冷たくなるのは良くない事 だとドクターノートを見て初めて知りました。感染性肝嚢胞の怖さも 良く分かりました。ドクターの明晰な頭脳や表現や蓄積力のすごさを 再認識しましたが一読者として感謝するのみです。病気の知識はPC から教えて貰うことがとても多いです。 さて上野美術館では知り合いの公募展があり絵画表現で参考に なる事がとても多くて有り難いです。枝をきれいに整えられた桜の古木 の花は散り敷いていて普通の日ですから賑わっているのはヤハリ動物園。 40年位前か家族でパンダを見に来たのを想い出しました。環境が 整えられていて入り口からして昔とは違います。シンガポールの ナイトツアーで観た動物園が蘇りオシャレな方向に行くのだろうと。 自分の絵画は銀座画廊や公募展では美大生が学校でする学習をして 居るようなモノです。好きな作家や手法や色使い構成などを演習して 居る状態です。サスガニ72才では決めて掛からないとダメでしょう。 ヒトがどう思うかではなく自分はこれで良いと言う当然のことです。 観る人に迎合してはいけないと教えて下さった先生の存在が有ります。 長い時間が掛かっても知る、行動する、感動する事は生きがいです。 ケシテ諦めない心がけ努力が有れば道は開けるような気がします。 経験から学べる日本のリーダーの方々が国際的に難しい問題を諦めず良い 方向へ導く解決する事が出来るはずだと信じて疑わない高齢者達です。 極小さな子供の頃山間部の畑の上を飛ぶ戦闘機は凄く間近でパイロットに 手を振っていた記憶があります。窓には和紙が罰印に貼られていました。 人間は過ちを犯しますが回避する解決する能力もあるはずです。

季節は変わる、街は変わる、世界も地球も変わる (2022年3月23日)

グループ展はもう7年目に突入します。画廊の参加呼びかけに応じて 小品練習を重ねてきました。銀座ギャラリー暁を目指すとき有楽町からと 新橋からの2コースを選んでいます。膝を痛めてからホボ治り中ですが 調子に乗ってさっさと歩くとサロン湿布アチコチの下で関節やらが泣き ます。よって途中にある階段在りの画廊は覗かなくなりました。 しかし日動画廊では昭和会展を観て成る程若い方の表現はこうなんだと 感動しました。何時も居られる年配男性は見覚えが有り以前リプロダクト の絵画の説明をして下さいました。リュックサックのばあさんです。 自分の絵はナニがドウシタか位のモノで良いのに中々気がつきませんでした。 それに気がついたこと自体長年の研鑽のたまものでしょう。 背中のリュックサックにはすでに地元駅で購入したモノがいくつか有り 夕方の帰宅バスを逃さないための対策怠りなくです。交通渋滞やら 一時間に1本やら加齢と共に悩みが増えます。外出が少なくなり刺激 が足りなくなったと感じます。でもグループ展の時は脳味噌が活発に動き なんだか急に頭が良くなったではないかと嬉しくなります。 グループ展メンバーは変わりますから新しい人や新しい絵に出会います。 ニューヨークやパリで個展をしたヒトや絵にプラチナを使用しているヒト や若い方の熱心さやら。何より80才を越えたケーさんのワークマン スタイルの決まっている事。素敵で細身だから決まって居るかも。 まるでスパイダーマンみたいにハシゴに登り展示します。 自分は自身の黒い船、風と波、ゼラニウムレッド。墜落した凧。 小品には紙は貼りません。貼ったように描きます。インドネシア滞在 8年近くの想い出を糧に出来ることがラッキーです。 新制作展に方向転換したチャレンジャーですが今年は審査厳しいから 入るかなと不安。自分らしい絵でガンバルゾ。100S2枚で挑戦です。 世界も地球も不安定になりなんだか昭和人が一番幸せだったかなと 未来を案じてしまいます。満開の河津桜に元気を貰いましょう。

そらくんは健康管理係、幼犬の餌とピーマンおやつ (2022年2月13日)

喉の左側と左側の後頭部が痛い、とか右の鼻と右の耳が詰まるとか 訳の分からない叫び声に辟易している家人です。市販薬は度々飲み過ぎて 効果薄になったように感じます。違う薬はなんだか効くような。しかし これはジャカルタ滞在8年近くの頃具合が悪いと風邪薬や健康ドリンク 飲みすぎで失敗したに違いないと言う経験からの警告を感じます。 カロナール200は希望により処方されましたが38度5分以上で使用 とありそんな熱は出ないので使えません。平熱36度なので37度で 発熱だと焦ります。過去にはこの薬を沢山飲みすぎています。 家人には3回目のモデルナワクチン通知が届き何気に嬉しそうです。 大体高齢者は咳き込みや喉つまりや鼻耳の問題は特別なことでも無い のに違いありません。鼻にはメンソレータムを塗り就寝時はハイネック を鼻の辺りまで引き上げてみました。以外と効果的です。マスクだと 首や顎に問題が出てしまいます。 元々神経質なんですよねと言った過去の主治医の言葉が耳に残ります。 でもそう言われたら患者はナニも申告出来なくなる弱い立場です。 アサリ蕁麻疹問題は二枚重ね履き物を止めてオロナイン軟膏を塗り 改善。膝は冷やしてはダメですと言う言葉に従い二枚重ねになれて しまいました。世の中の深刻な問題に比べれば何と言うことも無い のですがどうもぱっとしない今日この頃です。 来月の14〜19日銀座暁での美術で変えるII展に出品する10号を 2枚描いています。平面構成や色彩のバランスや独特な個性目指して 色々な方々の作品を参考にしたり無いノー味噌を使っています。 色んな絵を描いてしまいますので統一感が無いのかなと不安になります。 でも自分の絵を並べてみるとヤハリ自分らしさがでていると頷きます。 描きたい題材が沢山ありすぎ、それが自分に取ってどういうモノで在り 何故描くのか考えなさいと言われた先生の言葉を噛みしめます。 この雪にもめげずそらくんは散歩アピールです。帰宅すると小さな足が 凍えていて母ちゃんの手の中でぬくめてあげます。習慣になり賢い そらくんは母ちゃんの袖口から足を入れて勝手にぬくめています。 猟犬のルーツが在り水鳥を水中からくわえて戻る仕事をしていた様です。 トイプードルカットは胸の辺りと足首を保護するモノだとTVで観て 納得。ただオシャレにでは無いのです。 ペロペロと口をなめて餌の要求とか窓際の日当たり確保とか散歩時の 会話など日常では犬とも思えない友達のそらくんです。 未だにロイヤルの幼犬の餌を少なめにとおやつは緑や赤のピーマン 少々。干し芋犬用少々。ささみスティック少々とブタ皮水戻し少々。 クッキー類は色々試しても1種類日に1枚くらい。ガンとした親父頭 の犬です。飼った以上責任が有りますから主としての健康管理重要です。 外は雨が降り始め雪予報が出ている千葉の海が近い我が家です。

偶然の一致、人使いの荒いそらくん (2022年1月25日)

ここ数年は生アサリを購入することが殆ど無かった。シジミの方は たまにしじみ汁用に購入した。テレビのクリームチャウダー作りを 観て家族にサービスするかと生クリームも使い本格的に料理した。 ここ千葉はアサリの産地であるがパックにはくまモン産とあり ハテナマーク?。値段も安い方だ。二パックは一晩砂抜きしたが 新鮮に水を吸いお口が伸びているのでゴメンナサイと唱えて料理。 ハテサテ交通費が高いのに何故地元産では無いのかとハテナ?? 高齢者はお肌のトラブルかゆいかゆいが多いので多分病院でも深刻 には取り取り扱っては貰えまいと納得しているがチャウダーを食べて 下半身にポチポチとかゆくない点々状蕁麻疹がでた。家族に見せて 携帯でもパチリ。この蕁麻疹は10年前にジャカルタから帰省して 大腸ポリープ特大オペの前にも出ていた。現地でボンゴレを食べた。 大腸は免疫力の源だという最近のテレビ情報を思い出して考えた。 食べ物による蕁麻疹かも知れない。普段寒冷やら食事アレコレやら レスタミンコーワのお世話になることが多い。寿司類もごく僅かのみ。 タイミング良くテレビで特集組んでいてくまモン産アサリ問題だ。 しかしここ数年はすっかり置き換わっているらしいからドンナもんだろう。 千葉産アサリは何処に売っているのだろうか。余りにハテナしてしまい 家族に疎まれた。残りを捨てて更に後悔した。料理に罪は無い。 蕁麻疹は痒いとかきむしった後などしつこく度々赤くなり発生する。 しかしいずれなくなるのでそう気にしていられない。レスタミンコーワ 様々だ。それにしても何というタイミングだろうか。 朝から晩まで暇印の主を調教してハイ次はこれでしょと催促して、 お腹が空くとペロペロと合図。リードを付けますよで長い時間も 待てる。人使いの荒いワンコと小走りヘトヘトの1日2回の散歩だ。 これで健康管理がバッチリの有り難い存在なのは疑いなし。 近所の田んぼの神様に毎日お礼を言って通過しているが何かの 御利益にあやかっているに違いないと改めて思う寅年ばあさんだ。

令和4年1月6日の雪 (2022年1月7日)

7日は陽射し届き5cm程の 雪は溶け凍り人も車も困惑

勘違い、降雪か、バス利用は大変 (2022年1月6日)

昨日は自分のメモ書きによると通院&CT検査であった。血液検査に 時間が掛かるという事を聞いていたので早くに家を出た。10分少々 の場所に7時半のバス。病院はドアが開いていて待合室で再診機械 スタート待ち30分。採血をする方はベテランで人数も多いのでスイスイ と終了。問診待ちが終了する頃さすがにあれ今日はCT無いのかなと 気がつきだした。10年通った新宿の病院ルールとダブらせていた。 それにしてもこの病院内の事務や看護の女性達の笑顔と親切度は花丸だ。 先生が笑いながら歩いて何分くらいですかと問うので30分位と答えた。 やはり40分位は掛かるだろう。しかしホボ治り中の膝でも歩いて 通える距離であると気がついた。何と言うことか。若い頃は一時間でも 二時間でも歩けたはずなのに。犬散歩で鍛えていることを考えても ヤハリ歩けるだろう。どうして徒歩を選択しなかったのか。一日 1万歩はダメだが7千歩位にして置けば大丈夫なはずだ。 これも一重に家人の車に頼らないと言う決意から来ている。セダンは 乗りにくい上にゴルフ道具積みっぱなしの狭さ汚さに辟易しているからだ。 まるでシンガポールで出会ったタクシー内の個性豊かさを思わせる。 アルバイトもして好きなゴルフにも行っているからヨシとする。 本日はこの辺りも雪マークが出ている。ちび犬は寒さをモノともせず 朝7〜8時の散歩30分を終了。昨日も今日もゴミ収集車が何回も アチコチの棟のゴミ収集場所に来ている。お陰で素早く回収されて カラスにも隙を与えず有り難い。最近のカラスはヒトを恐れないから 追い払うにも勇気が要る。覚えていて襲撃されるかも知れない。 木の下を通過するときは白ペンキ状のフンが落下しないか要注意。 GTPの値が3桁になると怖い。世の中のストレスも多いし家庭内も アレコレと多い。カロナールの袋には38度5分以上の時使用と明記 されていた。帯状疱疹の時から遡り随分前から使用量が多い。今回は 所望により薬が出た。市販の風邪薬も蕁麻疹が出るしコロナワクチン 2回目時に出た左腕全体の蕁麻疹強は以後時々出る。病院ストレスに より出るようにも思う。レスタミンコーワがお助け薬になっている。 人に依り様々違うから参考にはならないだろう。ワクチンが必要なら するしか無いだろう。いくら7才アジア風邪肺炎で生還したとは言え。 こんな寒い日には甘酒が一番。カボチャと小豆のいとこ煮も良い。 くろまめさんそらまめさんも冬の美味しい食べ物でほっこりしている 事だろう。今年も現状維持でクールに。