里津子の窓15

人生で大切なものは”孤独の引き出し”です。家族や友人も知らない一生自分しか開けない
引き出し。それぞれが、整理したり何か彩を加えたり要らないものを捨てたりする。ある人
はその中に絵や歌や詩やゲームやメールや様々なものをしまっておくのは言うまでもありま
せん。何も置かないすっきりした空間で安らぐ人もいるでしょう。そこはとても大きなパワ
ースポット。自分の心の中の引き出しです。





携帯電話の不思議と困惑 (2021年9月2日)

夜中の12時頃のことでした。枕元の携帯がビービーと凄い音で鳴り マナーモードにしてありましたので災害かと思いました。しかし何か セキュリティーを強化して下さいとか電話番号が二つ訂正されました とか言っていました。検索してみるとそういう通告事態がフィッシング である事もあると出ていて紛らわしいので翌日目が覚めてから考えよう と寝てしまいました。 翌日余り使わない待ち受けのダイレクトコールの一つを使い電話した 所繋がらないので焦りました。本人とは携帯SMSばかりでしたので 電話帳の番号と同じでも在り確認してみたところ知らない番号だと 言うことでした。不明な番号を削除しておきましたがその後に知らない 男性から携帯電話が来て何回も電話してきましたよねとのこと。 削除してセキュリティー強化した方が良いですと伝えました。 まあ来年寅年五黄の虎ばあさんですから大丈夫でしょうが世の中には 機械音痴というモノが在りそれでも時代について行かないといけない 悲しい現実が有ります。色々デジタル化ばかりで無くミックスにして 欲しいものです。どうせ団塊の世代が消えればきれいさっばりデジタル 化一辺倒で結構です。超デジタル化する研究をされたらいいと思います。 パソコンも携帯と繋げて色々派生出来るモノがあるが使用したくない のに毎回画面に出てきて削除するが消えず何時もと違い英語バージョン メール画面に何故といぶかります。世の中賢い人には便利なアクセスが多々 あり快適な生活なのだろうが虎ばあさんに取っては不愉快なんです。 アナログとデジタル時代より更に進化した時代が来るのでしょう。 テレックスやコピー機や電動タイプライターの時代は良かったです。 機械に使われる感じが無くて共存共栄でしたから。 テレビでパラの選手の方々から強いエネルギーを貰う日々です。 それで自分も五黄の虎ばあさんであったと思い出しました。 呆けている場合ではありません。世の中はぼーっとして生きられる程 甘くないのです。自我を貫く犬のそらくんさえ唸ったりしてチエ絞り です。気温が少し下がったので上手い具合に調子が戻りそうです。 新国立美術館で15日から開催される新制作展に100Sを出しました。 コロナウイルス蔓延の影響で例年とは審査方法が違い展示も変わる らしいですが6回出して1回しか入選していない身で展示されるのは 嬉しいやらなにやら複雑な気持ちです。体調と家庭環境に合致した 制作や発表方法を模索しています。独特な個性というモノを表現する 世界ですので8年暮らしたジャワ島の想い出など織り交ぜて制作したい と考えています。まあエンドレスに難しい絵画の世界で有ります。

ワクチン2回目、犬のそらくんとの日々など (2021年8月22日)

病院で基礎疾患の在るお仲間と注射後の経過観察時は事務員の方々 や医師や看護師の方々に見守られて申し訳ない位のケアを感じました。 平熱36度位ですが37度出て一応カロナールを飲みました。その後 注射した部分が固く腫れて赤くなりましたが徐々に治る頃もの凄く かゆくなりレスタミンコーワを飲みムヒを塗りました。 ワクチン前に先生の問診が在りとても安心しました。長年通った 遠方の病院から地元病院に変えて良かったと思います。地元にかかりつけ医 が居なかったのでドウシタモンダカと迷いましたが折々の判断は必要です。 地域の中核病院としての存在は特に高齢者の強い味方だと再認識でした。 正直な所アナフィラキシーや蕁麻疹体質の反応を恐れていました。 今ではコロナウイルスを恐れて暮らす毎日に少し陽が射した感じです。 マスクは元々外出時に必ず使用していましたから特に面倒は無しです。 そらくんは何でもゲームにしてしまいますので今では日に2回位の 餌タイムには家人と母ちゃんが歌を歌い励ます習慣です。家人が 頑張れそらくんと励まし母ちゃんがめちゃくちゃ歌を歌い発声練習 も兼ねます。そらくんなりに幼犬の餌を少なめに食べて命を繋いで 居ます。もうこの餌で無いと食べないしおやつも少ない種類少量です。 いくら美味しそうな肉でも興味なくついには母ちゃんが捨てる羽目に。 家人以外懐かないし餌や習慣を見ても結構難しい犬だとは感じます。 しかし散歩時に色々話しかけるとちゃんと上を向いて目線を合わせ 聞いています。クレヨンしんちゃんみたいに母ちゃんの後ろめがけて 跳び上がります。拾い食いはしないと安心していたら昨日ウスバサイシン みたいな蛾が道にへたっていたのに近づきびっくりしました。この辺では 余り見ない蛾でした。信州の山の家の裸電球に舞っていたバカデカイ ウスバサイシンがぱっと脳裏に浮かんでしまいました。そうそう家の中で もマスクやハンカチを落とすと犬本性丸出しで唸り餌と交換です。 7才になりましたが毎年の血液検査は殆ど変わりなく血が濃い目なのは おしっこシートきれい好きで変えると直ぐに少量でもするのが原因。 人と犬は助け合い生きていきます。犬だけでは無く色んなモノが助け 合うのだと思いますが先のポメラニアンりんごも気が優しくてノー天気 な性格でインドネシア生活4才から12才まで母ちゃんを助けてくれました。 有り難い犬たちとの出会いです。体重6キロから3キロになりヤレヤレ。 世の中が益々難しい事になっていますがたまには明るい楽しい事を 見つけたいモノです。

卓上ネギ栽培 (2021年8月16日)

3日で伸び、料理鋏で先カットしてお椀に。

カメラに格好つける (2021年8月10日)

目線が合わない。わざとらしい。ヘンな犬。

そらくんの誕生日、ワクチン、遠方の人 (2021年8月6日)

7才になったら購入してある新しいリードに付け替えようと思っていたが 紐に沢山ある結びこぶは家人がそらくんの反抗期に耐えた証であり努力 と言えるのでヤハリもう少し使用することにした。脱走防止に指に瘤 を巻き付けていた頃が懐かしい。家人は汚いから取り替えてと言うが マダマダそらくんは知恵があるので油断できないのだ。 噛むことは無いがしつこくするとイヤですよと言う感じでやんわり指 をくわえてどかす。動物病院のいしだ先生が言っていた通りだ。しかし 賢いのも考え物でこちらが犬の召使いのように用事をこなしているのは 困りもの。わざとずらしたり無視する事が必要だ。覚えが良すぎる。 毎朝涼しい時間を選び5時とか6時位の散歩をしているが主は大汗かきで 帰宅すると処理に忙しい。余り餌を食べないのに外に出るとフンフンと 甘え泣きしてうるさいそらくん。抱っこ袋たすき掛け裸足サンダルで 母ちゃんは頑張る。この方が膝の訓練に良さそうなのだ。 ワクチン接種を躊躇していたが基礎疾患のある人は病院内で接種して 頂けた。ここ1年ほど蕁麻疹が毎日の様に出て食べ物寒暖風邪薬など レスタミンコーワとセットで使用していた。今も刺身や香辛料などに よりレスタミンコーワの出番だ。来週二回目だ。先には重いだるさが 2日程出た。2回目はもう少し副反応が出るのだろうか。今は蕁麻疹 の出が以前に比べて極少ない。何故か。何か理由があるのだろう。 遠方で旅立とうとしている肉親が居る。会えない諦めとこれまでの 月日を想い返している。お互いにズーッと繋がっている。又生まれ変わり 何処かで記憶に引っかかる事だろう。自分は生まれ変わったら火星に 居たいと考えているのでどうなることか。それぞれが一生懸命に生きる。 理性的になるしか無いではないか。そらくんの為に後10年は頑張る。 コンナ難しい世の中でもチエを絞り何とか笑顔も作り絵画制作もして 目いっぱい生きていかねば。ね、くろまめさんそらまめさん。

南側のベランダ植物 (2021年8月6日)

西側の鉢達は過酷環境に耐えているが元気。

野球を見る日が来るなんて (2021年7月4日)

在宅が多くなり気がつくとBS大谷さんの応援をしている。試合が 長いので敬遠してきたが定点観察的テレビ観戦である。家人に サッカーのルールや野球のルールが良く分からないのに見ていると 笑われるが大体解れば良い。アメリカは広いから移動が大変だね とか熱中症も気を付けてとか老婆心も欠かせない。 去年の11月末からの帯状疱疹の薬やら膝関節又は膝捻挫に 良さそうな薬やらのせいか胃腸が調子悪く夜も熟睡出来ない日々で 通販薬も試していたがなんだかとてもマッチするモノに出会い 安堵だ。犬のそらくんもベッドの下で睡眠不足の日々を過ごした。 胃腸の調子は結構快適な暮らしに大きな陰を落とすモノだ。 そらくんは体調を理解して夜半のトイレにも付いてきたりするのが偉い。 主も頑張って小雨くらいだったら傘を差してそらくんを犬抱っこ袋 にいれて散歩する。ケガをしていた時の散歩を覚えているだろうか。 りんごちゃんは5,6キロでそらくんは3キロなので軽く感じる。 雨に濡れた草やあじさいの花は趣がある。脳みそに良い刺激だ。 窓の外を見やり雨コンコンだねとガッカリ顔をすると良く理解している。 秋の公募展に向けて制作中の絵がある。焦点が定まらない絵は自分 の覚悟や人生そのものの表現に突入していないからだ。マダマダ甘い 部分があるがそれも良いでは無いか。でも公募展では人生の戦いだ。 その辺の事に漸く気がついてきたけれど遅すぎるかも知れない。 何の事は無い。自分自身の事だから人様はお気楽な趣味ですねと言う。 今年のベランダのオリーブの木には実がゼロだ。葉の裏にはテントウムシが 沢山居て葉をたべて成長している。月桂樹の鉢の下の小菊とハーブが 羽虫の幼虫の犠牲になり月桂樹の新葉が美しい。ヤッタネ月桂樹。 全部がバランス良く存在する地球環境では無いのだ。自分の足下から 推測するには対象が大きすぎるけれど。長く生きていると色々気がつく。

ピンチな時程明るく (2021年6月29日)

何処に行き着くのか私の絵画制作

噛まれた時も有るそらくんと (2021年5月28日)

田んぼの神様に毎朝お礼を言って神社を通過します。振り仰ぐと空の 様子が日々変わり飛行機雲がふわふわとほどけて道を造っていると 予報道り雨だなと納得です。道ばたの花々はごっそり刈り取られていて 携帯写真を撮っておけば良かったと後悔しました。パスワードを入れ 写真を撮るのは簡単では無いのです。そらくんは引っ張るし。 大抵1、2回しか撮れないので結構集中です。 画材に野の花や草を取り入れています。毎日2,3回の犬散歩時にです から定点観察している様なもので目をつむっても脳裏に浮かぶほどです。 元々信州の山の中で観察していましたから他の人から見たらコンナモノを と思う野草に惹かれます。四季や成長の段階でコロニーを俯瞰したら どんなカタチになるのだろうと想像します。アッこれは外来種だとか。 ムスメは妄想母さんと呼び家人は殆ど興味無しですが犬のそらくんは いくらか理解しているかも知れません。ピーマンやらローズマリーの 柔らかい葉先やパセリなどパクリとするから嫌いでは無いでしょう。 自分自身は想像の翼に乗るおばあさんだと思っています。 来月21日からの恒例銀座ギャラリー暁展用に野原シリーズを描いています。 色んな描き方をトライしましたのでそろそろ自分らしい絵を定着させたい です。絵の共通言語を駆使です。自分に合った場所で自分らしい絵を 発表していきたいモノです。まあ一生あすなろの木という所です。 本当にこの2年ほどは膝関節と帯状疱疹に悩まされ後者は未だにキズが 有りますが痛くないと言い聞かせている内にノー味噌が納得しています。 ワクチンは7月になってから定期通院で相談する事になっています。 ドクターノートを愛読していますが患者にも解る専門ノートで一般も 見られるなんてラッキー。帯状疱疹も結構怖い物で有ります。さすが お医者様は集中力と知識欲と記憶力が桁違いなモノだと再認識。 頑張れ、世界中のお医者様。

昨年無しで今年は図録のみ (2021年5月16日)

2枚の内Sailing(未来)入選

若草萌える朝です (2021年5月8日)

外来種紅いポピーやアカツメクサやまだ可愛らしい草に癒される

トリミングしたよ (2021年4月24日)

6才8ヶ月。大人かな。物わかり良くなった。

イチジク生き残り作戦 (2021年4月13日)

羽子板の羽みたいに実が1つずつ有ります

カラスの濡れ羽色、巣作りの季節 (2021年4月1日)

黄砂色の空と言いストップモーションで脇を抜けていく桜の花びら と言い盛りの花を過ぎたモモの花と言い、なんだか気の抜けた朝だ。 公園で遊ぶ子供が居ない。気合いを入れて働いているのは造園中の 多分アルバイト学生だろう。ズシズシと音を響かせて飛ぶお仕事中 ヘリコプターは今日もパラシュート訓練を始めるのだろうか。 帯状疱疹重症が4ヶ月目の未だに完治せずここの所のストレスの為か 左の肝嚢胞で治療後大きくなっているのが固くなり痛んだ。以前にも 何回か経験しているのでそう驚かないが心臓に近い方の嚢胞の成長は 困った。クラビットを貰っているので1日1錠4,5日試す。胃腸薬 を飲まないと機能性ディスペプシアに影響する。見事に帯状疱疹の 出発地点辺りと重なる。希に傷が内臓に影響するらしい。ウーン。 熱が出ていないので食欲には影響しない。 高齢で基礎疾患在りの我が家夫婦はストレスに負けてはいけないのだ。 殆ど落ち着いているそらくんと朝散歩時に使用していない花壇を 覆っている緑色のグラスファイバーみたいな布の上で若夫婦と 見られるカラスが2羽一生懸命に何かを突いるのを見た。ミミズかなと 確かめると繊維質のゴミ様のモノをくわえていて逃げもしないで 更に余念が無い。あちらでもこちらでも巣作りが嫌われるカラスだ。 攻撃的になるのが困る。頭上の木や電線から白いペンキ状フン攻撃 も在る。公園でお腹いっぱいのごちそうを食べたカラス集団のフン はまるで白いペンキを流したようでお掃除の方もさぞかしだったろう。 カラスの若夫婦は黒い濡れ羽色が美しかった。鳩さんも今は若い 子供達を良く目にする。樹下の日陰で4,5羽も集っている。 ねっ、邪魔しないでねといっている様なきれいなカラス目を見た。 サスガニ腕を振り回して大カラスの真似をする事は出来なかった。 毎朝餌をばらまく人が居て迷惑なのは確かなことだ。 膝関節をかばい小石を藪に蹴飛ばしたり飛んでくる子供のボールを バックパスする事はもうしない。そもそもそんな事が悪影響だった。 反省が遅すぎることも多々ある。

なんと、膝がまっすぐ (2021年3月18日)

私達は八百万の神様に守られています。

枝先に光る (2021年3月17日)

陽射しに萌ゆる若葉

暖かいんです〜 (2021年3月12日)

母ちゃんのベッド横下で寝る寝る寝相悪し。

世の中不明や不安が多過ぎ (2021年3月8日)

メール作成時上の方に見慣れないとげとげマークがでているでは 在りませんか。作成仕様も何時もと違います。これだからイヤ なんですよね。せっかくピーシーデポでサクサクPC生活に戻り ヤッタネと思っていたら。アチコチに罠が出ます。とげとげは 許可しない、で元に戻ったと思いますがこれは勝手にクローム 仕様になっていたのでしょうか。クロームは許可していません。 何かが何処かに誘導する作業をしているのでしょうか。 くわばらくわばら。鶴亀鶴亀。 我が家はPC音痴一家なのですがそれぞれ使用しています。 会社でPCが使われ始めた頃盛んに説明会が在り皆でメモして 必死で最低限の使用を試みました。PCが変わる度に又々メモして メモみて遅れを取らないようにしたモノですが今では完全にアウト。 画面の何かが変化していても分かりません。ドウシタモンダカ。 思わず昔のアタフタ時代を思い出してしまいました。 コロナ問題が更に複雑になりマスク2枚重ねやアルコールで 荒れる手にハンドクリームです。それにしても戸棚の中には 一昨年から買い貯めたコロナ対策品やマスクが沢山寝てます。 それを見て一人ニンマリしているのはワタシだけでは無いはず。 巷にはマスクもショウドク用品も溢れていますが何時又品薄 になるか不明だからです。家族には笑われていますが。 そらくんとの日に2回5000歩位の散歩のお陰で膝の可動域が 丸くなり足首も回して頑張れ頑張れと自分にエールです。サプリも 飲んでいますがヤハリ痛くても歩いた成果だと思います。 様々な不良品ガタガタ年齢問題は仕方がありません。 散歩時ふと神社の木の上の方を見あげるとカラスの巣が無くなって 居ました。撤去されたのでしょう。子供が孵ると攻撃的になるので 考慮されたのだと思います。道の端では水仙の蕾がホラ春を 忘れていませんかと問いかけて来ました。忘れていませんよ。 ね、くろまめさん。

トリミングでおすまし (2021年2月19日)

中々良い写真撮れません、プライド高い?

パソコンに弱いのは辛い (2021年2月17日)

ピーシーデポと契約しているので家人のお尻を叩き出向いてもらった。 ユーザー名二つでるよ、ハッキングだよと騒いでも我が家は結構 PC音痴なので困る。この所家電10年以上問題で洗濯機やエアコン の寿命冷蔵庫のモーター音が大きくなりこれも修理と慌ただしいが 友人宅でも同様で在るらしい。次は人間以外ナニが壊れるかだ。 パソコンはログインが出来なくなり相当焦った。通知に従い度々 色々変更してきたがいよいよ自分のパソコンにログイン出来なくなる とは。デポの人に奥さんは何か色々いじったでしょうと言われた らしいが色々いじる知識も無いのである。 パソコン位無くても暮らせると思うなかれこれはもう生活の一部で あり脳みそ活性であり情報と繋がる唯一の何処でもドアと言える。 頭の良い人は自分のパソコン携帯など持たず他人の機器を駆使して ただで楽しい時間が持てるに違いない。そんなソフトはそういう人 にはいくらでも手に入るのだろう。大から小までそんな時代だ。 膝関節症か膝捻挫か不明だが取りあえず少々曲がりはしたが根性で 歩けるようになった。8ヶ月はかかった。帯状疱疹重傷もまだ 完治ではないが先生が薬は階段を降りるように少しずつ減らし ましょうと言われたので妙に納得した。カロナール200mgを 2単位日に3回は一寸肝臓にダメージだった様子で年1度の 血液検査にHが沢山在った。薬を止めれば戻るらしい。 漸く横浜のアトリエに出かけた。新宿の病院はもう10年通ったが 今回紹介状を貰い地元の病院にもかかれるようにした。何かあれば 又お世話になりたいのでその旨お伝えしに行かないといけない。 基礎疾患があるし帯状疱疹が神経に入ったからコロナ予防接種は 出来ないだろう。色んな免疫力はあるような気がするが出来れば 犬の寿命に合わせて後10年は頑張りたいモノだ。 なんだか疲れやすくぱっとしない今日この頃だが家人に今日の 料理は美味しかったよと言われると嬉しい。創作料理が多い。 そらくんと日に2回の散歩合計5、6千歩が有り難い。相変わらず 小食で激しく動く変な犬である。家人が励まし励まし夜に餌を 食べさせるのが面白い。散歩道に菜の花が咲いた。神社の大木の カラスの巣が大分大きくなった。白い針金は人が捨てたモノだろう。

カラスの巣はみえるか (2021年1月26日)

携帯カメラでは無理、次回にチャレンジ。

凍てつく空き地の草 (2021年1月21日)

雪の山中で産まれ年を重ねていますファイト

犬の恩返しや冬のテーブルの絵 (2021年1月17日)

犬のそらはこの所毎朝4時半頃には母ちゃんトイレ済んだよと 主のベッドに小さいながら指のハッキリした手を掛けてユサユサ とするのでイヤでも目が覚める。何でもゲームのように覚えて しまうので時々面倒になる。7時半頃と12時頃の2回の 散歩は恒例になっている。朝は長めで昼は短めだ。 足の具合が悪くなったり帯状疱疹の痛みで苦しむ主を気遣うのは 中々偉いと思う。母ちゃんの踝辺りを鼻でツンツンと触る。 お陰で膝関節症というよりは膝捻挫では無いかという症状は 7ヶ月目で大分落ち着いている。帯状疱疹は重傷ですと医師に 言われている。ノイロトとタリージェと塗り薬のゲーペンクリーム やシルザックで痛みも大分落ち着いている。痛み止めのカロナール 200は日に三回。早く少なくしたいがまだ痛くなるので困る。 痛みの間隔を脳が記憶してしまうのだろうか。痛くない痛くない と自分に言い聞かせないといけない。 25日から30日まで銀座ギャラリー暁で暁展がある。もう6年目 に入ると思うと感慨深い。外出も少なく題材不足だが自宅の テーブルの上には鉢植えのローズマリーや花瓶の花やドライ フラワーがありそれなりに自分の世界なのだ。20号と10号。 冬のテーブルを描いてみた。色んな好きな作家を参考にしている。 会派を越えた年齢等様々な方々と年に数回お会いできるだけだが 何時も教えて頂き励まして下さり又時々厳しい講評も在りで 成長の有り難い場所である。今回は42名だ。 今朝も冬枯れ景色の中に希望を探すと言うよりヤレヤレ歩きなので 追い抜く自転車親子3人乗りとか吠えかかる犬に怯える我が犬 を守ること。神社の大木の梢にカラスが巣を作っているので 毛糸の帽子をさらわれないように注意怠りなく。もう2回位 低空飛行の前から飛んでくるカラスに出会っている。 何となく酸素不足の脳みそだと感じ鼻から思い切り空気を吸う。 何時ものような春を待つ。

新年おめでとうワン (2021年1月4日)

寝て食べて散歩して又寝てます今年も宜しく