里津子の窓14

人生で大切なものは”孤独の引き出し”です。家族や友人も知らない一生自分しか開けない
引き出し。それぞれが、整理したり何か彩を加えたり要らないものを捨てたりする。ある人
はその中に絵や歌や詩やゲームやメールや様々なものをしまっておくのは言うまでもありま
せん。何も置かないすっきりした空間で安らぐ人もいるでしょう。そこはとても大きなパワ
ースポット。自分の心の中の引き出しです。





南国の花、10年前制作 (2020年9月19日)

持ち帰った石色ををベースに。

色んな側面から考えると (2020年9月14日)

コロナに始まりコロナに終わる2020年です。なんだか良い事が 無いと愕然としかかったら大人になったそらくんが寄って来ました。 母ちゃん今日は雨コンコンでも雷ゴロゴロでも風ピュウピュウでも ないね。こんな会話が通う成犬になっていたのです。そうです。 母ちゃんは膝痛や1年掛かった歯科治療や大作絵画を描きに行けない 等で気持ちが弱くなっていたのです。古希で膝がコキッと鳴った位 でこれではイケマセン。 近年を比較してみると今年がそれ程悪いとも言えません。ひたすら 家で辛抱の仲間達はウツになりそうだとボヤイテイマスが実は ちゃんと乗り越えられる経験と知恵があるはずです。自然災害や 社会状況困難でも一人で考えて行動する力が割合と有る昭和世代。 生き様を多少なりとも子供達に伝えて後の糧として貰いたいです。 住まいの西側の溝にセミさんが2匹ひっくり返っていました。 ピクリともしないので鉢の根元に置きましたが今年はコーヒーの 豆かすをアチコチに置いた結果バジルやミントにカイガラムシが 付かずハイビスカスの鉢にも虫の姿が有りません。家の中でも 乾燥コーヒー豆かすを置きましたので小バエを殆ど見ません。 蚊が少ないけれど蚊も翌年には頑張って出てくるかも知れません。 置く前に大きな毛虫のフンがごろんと落ちていたのは確かです。 コーヒー豆かすはちゃんと干さないと黴びます。 そうそう、そらくんには困っている事が一つあります。散歩時に 前足にゴミが付いたふりをしてちゃんと間を計り母ちゃんの スカートめがけてピョーンをするのです。恥ずかしいです。 楽しみの一つになっているのか父ちゃんにもするらしいです。 くれしんちゃんの一コマとそっくりとは。 アジア風邪で危篤状態肺炎やらを幼少時に経験した為かインフルや コロナにもまだ掛かっていませんが油断は禁物と戒めておきます。 我が家は一寸遠出した人は即お風呂と決めています。衣類は洗濯 です。木綿の手袋や勿論マスク消毒スプレーも活躍して貰います。 しかし軽い風邪みたいなのや耳鳴りや耳不調は改善しません。 自律神経や免疫関係の仕業なのだろうと推測しています。 アルバイトから帰った父ちゃんと遊びながら食べる為にそらくんは 今日もりんごちゃんがよだれモノだった鶏皮チンに口を付けません。 父ちゃんは夜八時頃そらくーんほら食べろよ落ちているよナニ そっちのクッキー隠してあるの食べるの?いい加減にしてよ〜と ぼやきながらたまには楽しみながら餌やりの人生修行中です。 母ちゃんの留守にリードを嫌がるそらくんに唸られビビる 父ちゃんでも有ります。一枚上手のそらくんの日常。

占いではアウト寸前の夢 (2020年9月2日)

朝早くに夫と散歩している。これがそもそも変だ。我が家はマイペース なので一致したら同じ行動を取るからだ。立山という高い山を目指す。 そして夫が見えなくなり迷っていると気がついた。マズイ イツモノ ユメダ。しかし山に登ったら降りないといけない。観光地みたいな 賑やかさで人が溢れている山の上。皆ニコニコと明るい。 建物の中に入り並んだ。山から下に降りるケーブルのようなモノらしい。 マスクをしていない大勢の人達が居る。急な勾配を降りた頃にマスク らしきモノが配られた。よく見るとざらざらした木の皮に少しトゲも ありとても変だ。皆苦笑いしながら装着している。目の前に有ったのを 取り付けてみたが普通のマスクとは違う。付け心地が悪すぎる。 次に垂直凄いカーブの乗り物に乗るために体を固定させる椅子に座る。 段々イツモノ夢バージョンになる。いつの間にか普通のバスみたいな 乗り物の中に居た。イツモノにこにこおばちゃん達が乗っていて 貴女ね犬を飼っているでしょう?占いカードに犬が出て貴女が出て 次がアウト。カードを見せて貰うと痩せ犬が居て女の子が次ぎだ。 おばちゃんは可笑しそうだ。眼鏡の背高さんはどこかで見た顔だ。 乗り物を降りて又道に迷っている内に家に帰れた。何時ものように 発熱したに違いないが4時頃起きた時には問題無かった。 今は右側受難期だ。右の耳右の歯に右膝痛右踝変形もある。 以前は左に集中して居たときもある。年齢により軟骨が変形 するのだろう。そして肝臓左右には沢山の肝嚢胞だ。最近 右脇腹や左の肝嚢胞辺りが痛んだのは確かだ。 確かに40年近く前に車にひかれて前足がぶらぶらしている黒犬を 助けたことはある。と言っても隣が幼稚園でそこの先生が面倒を 見て下さった。動物病院にお礼に行ったが犬を飼える環境では無く その後その犬は捨て犬などを沢山世話している女性に引き取られた と聞いた。今はその幼稚園も無くなり想い出と拙い足りない自分の 行動の反省だけがある。本当に親切な先生方に感謝しか無い。 りんごちゃんはその動物病院でお世話になりインドネシアに行く時 英文証明書を発行して頂いたり動物貨物室に乗るため少し眠れる薬も 頂いたと記憶している。帰国して一度お礼に行きたかったが自分 の病や引っ越しなどで余裕が無く失礼したままである。 今はどうも犬たちに助けられているに違いないと感じる。 そらくんは膝痛矯正中なのでやたら世話をしてくれる。足音や 歩き方でアアワルインダネと納得しているらしい。足を冷たい 鼻先でツンツンして夜半トイレに行くワタシの為に付いてくる。 散歩時も帰る頃には足並みをキチンとそろえスロースロー付いて と言うと理解しているらしい。ワガママ犬だけれど可愛い。 ただ何でも習慣にしてしまうので面倒くさい。 有り難うねりんごちゃんそらくん。 又犬たちに夢の中でも助けて貰いたい。

50年前のデッサン (2020年8月29日)

夜の予備校で描いたアリエスと木炭箱

イチジクが5個も!! (2020年8月24日)

タラコ親指人差し指で丸型位の小さい実。

コロナ&完熟の夏に想い出す事 (2020年8月18日)

膝痛セルフトレーニングとそらくん散歩朝晩縮小20分ずつ励行 で1ヶ月が過ぎました。夜中にベッドの上でついストレッチを してしまいセッカク落ち着いた痛みが甦ったりしています。 暇に任せて足裏血管ボコボコしているところを両手でなでたり 筋肉固いのをほぐしたりインドネシアのケンコーマッサージ の人がしていたように想い出してやります。とにかく汗だくで 歩いて何時ものように生活です。車を断る可愛げのなさです。 この1ヶ月の間に3度ほど1万歩で治りかけた膝が腫れました。 整骨院の先生は膝上下変形なので体重が原因では無いとの事。 真っ直ぐな骨に曲がった骨が繋がった結果なのです。納得。 指なども曲がり止まるまでは痛むそうです。バンドエイドを 貼ってみています。白魚の指で電動前のタイプライターを バシバシ叩いたから無理もありません。 汗が後ろ髪からボトボト。服は大きな汗地図。エレベーターの 中で後の男性がこんなに汗をかいてはいけませんねえと。 一寸余計なお世話です。亡母も大汗でしたが新陳代謝が良くて 10才は若く見えたモノです。洗濯物が増えます。 足の指を広げるのがコツかも知れないと思いました。立つ時も 何かにつかまらず足の親指に力を入れると膝がシッカリして くれる気がします。田舎の山育ちですので足指は広がります。 外反母趾の家人や気味のムスメに自慢しています。がヤハリ 涼しくなったら1度整形外科に出向いてみるつもりです。 朝3時そらくんがベッドに前足を掛けて母ちゃん母ちゃんと呼び ます。大かな小かなとヨロヨロ隣の部屋へ。ウンウン教えて くれて有り難う。キレイニしてあげるまで待っています。 隣はワタシのアトリエ。家人がタバコを吸い犬が用を足します。 絵画制作はハカドリマセン。ノー味噌が茹だったのでしょうか。 暑すぎて蚊が少ないのでしょう。しかし熱帯のデング媒介蚊 が日本に入ってきているとか。きれいな水に卵を産み飛び方 が上下という特徴を聞いたのを想い出します。確かに何処の国 でも色んな病が有ります。インドネシアにも沢山有りましたが 薬草やら使用のジャムーというのは多少試した程度です。興味 だけで使用できるモノでもありません。逆に作用すると困ります。 20年前とは言え良くアチコチ出歩き探検したモノです。そして 今ではインドネシア生活の想い出をかじりながらの生活です。 年中30度は意外と生活しやすかったかも知れません。 今でも笑顔度ナンバーワンの国であるに違いありません。

百合の花 (2020年8月10日)

朝6 時風無しそらくんがグングンリード引く

美味しそう、少ない! (2020年8月8日)

完熟梅干し上出来中です。

絵は難しいのだろうか (2020年8月4日)

ワタシの絵は少し難しくなってきているかも知れない。 家族はエスキースの段階から全部見ているので成る程フンフン と納得してくれるらしい。描きながらカタチや色を探すタイプ なのでトンデモナク外れて自他共に迷走するときもある。 守ってあげる、今回は犬をテーマに3枚描いた内の一枚だ。 レモンバームの花を摘んでベランダを汚さないようにしたが フワッとまとめただけの花の中にそらくんが居た。そして 最近は色んなモノやカタチに見える絵が面白いと思っている のでミイラのりんごちゃんも手前に入れた。きれいな色で 描いていたがドンドン強くなり全体のカタチは以前失敗した に似てきて焦った。しかし今描きたいモノが描けた。 緑と赤は一寸タブーな色使いと言えるかも知れない。 他の2枚はマトモな範疇に入ると思う。サインが苦手なので 犬を描いたりしている。Mさんにない方が良いと思うよと 言われてなるほどと思った。一寸遊びすぎたか。 家族でインドネシアに8年近く滞在する前は何を描くか苦労した。 しかし赤道地帯の玉手箱を少し覗いてみたお陰で描くモノが 沢山出来た。ある意味で絞らないといけない段階に来ている。 タシロ先生のお陰で勉強は沢山している。集約して何を描く のかだ。ヤハリ種や花や帆船やガントリークレーン等が良い。 先のりんごちゃんは狸体型のポメラニアンだったので絵に しにくかった。そらくんは痩せ犬なので骨格がきれいで デッサンしやすい。 絵は構図や色が大切だ。和紙を貼ってみるが新聞や布を貼る 人も居る。今はコロナ騒ぎでアトリエに行かない。4568910と 休む。遠いのと膝を痛めたので自主回復でママナラナイ。 普段歩いて15分くらいの近所の歯科医院も30分位掛けて 歩くので熱中症になりそうで窓口で年号日付記入があやしくて 呆けと間違えられたとガックリ。体調が悪くなり気を付けて 道を眺めると同じようなヒトがナント多いことか。階段を 降りる時が痛いので傘と杖が一体化したのが欲しい。しかし なんとしても自力で治したい。大腿筋が弱っているらしい。 先日の新宿定期通院は結構勇気が要った。ナント過去最高の コロナ数だった東京である。主治医は随分痩せたように見えた。 医療現場のご苦労が想像出来すぎた。街はガラガラでエナジー ドリンクでランチ。色々注意して帰宅した。外出して初めて 知る日本の現状もある。古希でも色々見て考えねば。

(守ってあげる) (2020年8月3日)

コロナでも虚弱犬を守ります。強い色になりました!

2020年の夏が来た (2020年8月2日)

朝から晩まで窓に居る蝉さん

百面相山羊顔そらくん (2020年7月25日)

トリミングした日や気分で変わる表情スゴイ

こんな日々でも希望を (2020年7月23日)

もうじき8月なのにコロナウイルス対策の為に2月に入手した エタノール小瓶をまだ使用している。一寸遠出の時だ。 あれ以来通販でアルコール入りスプレーなど数本購入し又 苦労してリュックサックに入れて歩いた1リットルの詰め替えも 中々減らないうちに巷に新商品が並んでいる。スプレーの 出口がつまりドバッと飛び散りびっくりする始末だ。 マスクは使い捨てのを目を凝らせて探し購入ストックだ。 自作したり購入したりは個人の自由だ。7枚入りc製品が 3百円少々の薬局がある。残念ながら遠いのだ。社会は 経済が動かないといけないから商売は大切だと思う。 外出時頭皮から汗が川のように流れ頭の後ろが特にひどい。 結んだ髪からしたたり落ちるのでハンカチで押さえるが ハンカチが機能しない。ホルモンバランスが悪いのか。 自律神経が不安だとも思う。世の中誰も彼も同じだ。 痛む膝は湿布とサポーターと犬散歩努力で改善中である。 しかし石段を降りるときは折りたたみ杖が欲しいと思う。 O脚で曲がり止まると安定する感じだ。そういえば中学生 時代にバナナみたいな足だねと言われ憤然とした記憶あり。 自分ではカモシカの脚だと思っていたモノだ。 銀座画廊暁に自分の絵を見に行った。ホルモンバランスの 悪い絵だったかも知れない。事務のMさんが一人居られた。 眼力鋭いキャリアで何時もアドバイスして下さるので嬉しい。 先に進むための行動なんですと話した。収穫は確かに有った。 何時もは仲間や先生方に講評して貰うが今回は叶わず残念。 有楽町から新橋まで歩く普通のコースがキツかった。翌日は 又膝が腫れたが母ちゃんと散歩が好きなそらくんのために 頑張って何時もの半分散歩をする。父ちゃんだとイヤと 指を払い父ちゃんは少し怪我。去年の今頃反抗期だったから 気を付けましょうと言ったのが大当たり。父ちゃんは噛まれると 怖い気持ちがあるからダメだと思う。母ちゃんはおやつは口の中 まで入れて指は噛んだらダメとしつけている。お口アーンで 歯もふく。全体的には落ち着いてきている。 一度威嚇で怯むと犬もヤッタネとなり中々性格も治らない。 来月には6才のそらくん。もう大人なんだからねと言い聞かす。 ヒトも同じようなモノなのだろう。同じ過ちを繰り返したり 他人に不愉快な思いをさせてしまう。一歩前進成長あるのみだ。 どんな時でも希望を繋ぎ不安を振り払い自分自身が輝こう。

今年は10粒、去年は0 (2020年7月15日)

鉢植え故枝切り雨風日照りに耐えたOlive

バリ島の夢 (2020年7月5日)

図書館の中に居る。若いワタシに老人男性が本を手渡して 次回これを朗読しなさいと言った。インドネシア語なので 出来そうでも有り無理そうでもある。タイトルは信頼か 何だったか不明だ。不思議な夢は凄くひさし振りだが この季節には多く見る。詩に関するモノのようだとも 思う。詩を直接目にしたことは無いが運転手は女の子 が書くよと話していたっけ。 右足の膝腫れは整骨院に2度行き電気マッサージ等で大分 改善されているがまだ完治では無い。ゆっくり歩きで犬 散歩2回の内1度は必ず行く。膝の裏がピンと伸びないのだ。 痛み止めを飲んでいないので夜中に重い痛みが出てゴロゴロ 足の向きや置き場所を探し中々熟睡できない。しかし インドネシアで週1回は通ったマッサージの手順を想い出して 丁寧に血管に沿ったりなで回したりして居るところである。 家の中の廊下をなるべくドスドスと音が出ないように歩く。 日本も外国を心配する余裕が無い位の気象警報連続なのだが インフラや医療や衛生環境の点で格差があると思う。 経済も同様に厳しい状態だ。焼き畑などの煙害もある様子だ。 家族がああ又バリ島行に行きたいねとつぶやいた。 何の事は無い。BSでバリ島の録画を流していたのだ。 一流シェフがバリ島のホテルで更に修行していた。香辛料や 島民の笑顔や屈託無く寝そべる猫。ワタシはブタは苦手だが 魚やフルーツや8年近く住んだジャカルタの思い出は度々 記憶の箱から取り出してホコリを払い絵画の題材にしている。 他の国に滞在経験が無いからついインドネシアになる。 話を戻すと夢が何を示唆しているのか考えているという事だ。 タイトルが解らないから無理だとも思う。ベッド下で寝て居る そらくんは睡眠不足でおしっこシート大外しとか滅多にしない 粗相をする。ゴメンネコワカッタネと言いながらお掃除だ。 7月20から25日まで銀座暁画廊で暁展に参加する。いつもの 半分くらいの人数なので遠慮無く50号と20号と10号。愛犬 達がテーマになっているがご時世でコロナも。爽やかな風 のようにさあーっと画廊内を通過されては如何だろうか。 人出を避けて地上最短距離で銀座から新橋方面へが習慣だ。 6丁目で紛失して届けられた財布は中身が薄いが今も健在だ。

いいね、向日葵パワー (2020年7月4日)

枝豆、玉蜀黍、新生姜もやって来た。

シブトイ紫陽花 (2020年6月26日)

西北の風や太陽に負けず珈琲豆カスで色変化

コロナ自粛に膝も泣く (2020年6月21日)

コロナ回避でお籠もり生活が長くなり運動と言えば犬散歩位で 急な忙しい1日を過ごし歩きすぎただけで膝が腫れてしまった。 冷湿布や温湿布+ヘアドライヤー等で2,3日後大分改良。 今回はサポーターを早く使いすぎて失敗した。お籠もり太り も有る。血管が膝裏上下で浮き上がってしまったが自己マッサージ でこれも改善。湿布類はどれもカブレルのでレスタミンコーワ を必ず飲む。色んな蕁麻疹は前より頻繁になっている。 そらくんは散歩時に心配そうに見上げてくれる。先のりんごも 同じだった。歩調を合わせて時々小さな体で一生懸命引っ張る。 トリミングで又一段と仔犬のようになったが可愛さに負けると とたんに反抗悪戯が出るので油断は禁物なのだ。 散歩コースの空き地の雑草が刈り取られた後には例年通りカモガヤ が繁り始めている。カラスを余り見ないと思っていたらちゃんと 巣作りをしていて安心。住まいの1階出入り口にはツバメが 巣を作り始めていて泥をビシャと叩きつけてある。縁起の良い 鳥なので今年も巣立ちまで人々が迂回して通行するだろう。 期待していた歯科治療の最後は病院の都合で地元に戻り仕上げ るという運びになった。紹介状を書いて下さった。専門分野の 医師に任せると言う方針は海外などでも多いと聞く。女医先生 は動物病院のイシダ先生と同じくらい親切に優しく説明して くれた。怖くなくなりましたと伝えた。是非又お願いしますとも。 その後膝の腫れと同時に熱も37度少々出た。一日寝て過ごし 回復したが今時の事なのでハラハラドキドキ。熱も知恵熱やら 風邪やら色々で出るし今まではそんなに計らなかった。第2波 第3波で世の中がどうなるのか一寸怖い。 新ショーガの酢漬けと梅酢ラッキョーを作ってみた。クックパ で一番簡単な梅酢沸騰ぶっかけというのにしてみた。雑菌 消毒完璧でパリパリ感有りとのことで来月7日が楽しみだ。 何時もは塩漬けラッキョーの段階で食べてしまう家人が首を 長くしているのが可笑しい。瀬戸物の壺が冷蔵庫内で場所を 塞ぎすぎていてお手軽ヌカ漬けの紙袋もヤハリ同じだ。 例年通りの漬物作りが出来てラッキー。

月日が流れ悩みも変わる (2020年6月17日)

7,8年前の自分の投稿を読み返すと当時は訳の分からない肝嚢胞 に振り回されていたと思います。検索で情報を得ても一々病院で 再確認する事も出来ず緊急事態のみに集中すべ病でした。 その後幸い救急車に乗り病院に駆けつける事態はありません。 今の状態がずっと続く事を祈るばかりです。 現在は勿論コロナストレス。膝や指関節の痛み。歯の治療。 湿布やら温風ドライヤーやら検索療法しています。外耳炎は やっと治りつつ有ります。もう130号の大きなキャンバスを ひっくり返したり下に置いたりするのは無理かも知れません。 貯めてあった50号以下の沢山のキャンバスに挑戦中です。 悩みながら描くようになったのは理屈が多少理解できるよう になったからでしょう。学んだことを生かし先に進むのです。 自分の造形世界を創るべく到達点を探るのです。なあんて 難しい事を考えるのも結構楽しいモノです。呆け防止です。 くろまめさんとそらまめさんの畑世界を楽しみに見ていますが 我が家ではケシテ存在しない状景です。ジュースを2本買って 畑に戻るそらまめさんはいいですね。我が家に社長は要りません と宣言して平等を主張しないとイケナイのは楽しいことでは 有りませんが残念ながら連日の我が家内の状況です。 世代の特徴で苦労している友人達は実に多く居候と考えるべし とか親類のヒトと思えとかメールが飛び交います。主人を支え 立てて生活すべしという母の教えは今こんな事になっています。 ワガママにしてきたのが悪いとムスメに叱られます。 口げんかしているとそらくんが急に凶暴化するような気がします。 それでハタと方向転換して穏やかに優しくと努力です。 犬の存在はそれ故大きく頼もしく大切なのです。先生です。 散歩中にもコロナストレスからかうっかり寄ってきた犬の頭を なでたらチッと舌打ちされました。ショックと反省で会ったら 迂回するようになりました。怪しいおじさんが自転車で寄ってきて 犬をなでようとしたので避けたら唾を道に吐き捨て去りました。 犬散歩社会というモノも確かに有ります。以前はノー天気な ポメラニアンりんごとノロノロ対面歩きしていて穏やかでした。 ヒトも馬鹿丸出しの部分が大切だと思います。 今では絶対に書けない過去の自分に良くやったねとエール。 くろまめさんとそらまめさんには感謝するのみです。 特に達人そらまめさんのPC技術が有ってこそでした。

気持ちを奮い立たせる南国の種 (2020年6月11日)

モダマはバカデカイ種です。2,30年前インドネシアの土産物店 で手に入れたはずですが検索してみると今では絶滅危惧植物らしく 入手は困難になっているのでしょう。手の中マッサージに使用 している種もデカイです。南洋の波打ち際に種が打ち寄せられて きてそこで繁殖できればするらしいです。 名前は改めて検索するまで知りませんでした。インドネシア では何処かの島で取れる様子です。タマリンドのような 蔓高い植物です。タマリンドは独特の甘酸っぱさが記憶 に有ります。お菓子などに使用されている様子。 様々な収集物の中でも今にきっと絵に役立てようと時折カビ防止 スプレーなど施していました。コロナ断捨離で色々捨てましたが これは制作中の何か足りない部分にピタリと当てはまり黒く塗り ました。幼少期よりワタシの絵を眺めていた家人達はイイねと。 赤道地帯平均気温30度で湿度が少ないインドネシアと日本差で 持ち帰った様々が黴びて鞄やら靴やらも履かない内に破棄です。 スカーフ類や服も好みが替わり手縫いやミシンが得意ではない 故ゴソッと捨てられました。5年着ないとナントカなのです。 外耳炎が繰り返し先月末クラビット1錠5日で完治したかと 喜んでいたら喉鼻の不調でマタ外耳が。もう長年繰り返して いますが昨日又クラビット1錠。劇的に効くような気がします が完治では無いのが残念。おまけに右腹までシクシク痛くなり 肝嚢胞との関連が心配されます。最大原因はストレスです。 世界中の人々がストレスと闘っているので自分もマケナイぞ。 来週はいよいよ2ヶ月中断していた歯の最終治療が出来るか 否か体調管理しないといけないのです。外から風が入っても 高齢者は室内で熱中症に成りやすいので注意です。これは 毎年経験済みで虚弱そらくんの食欲のなさと共に問題です。 右の奥歯の治療でもう1年間噛んでいないと言うことが右耳 と関係しているのかも知れません。 そら君は日に1度夜家人と遊びながら一つかみほどの仔犬 の餌を食べるのみです。高い犬のミルクやレバー少々で 補っているところです。朝6時半位夕方5時過ぎの30分 散歩は大好きで助かります。そらくんは時々心配そうに ワタシの口を嗅ぎフンフンと確認している様子です。 ピンチはチャンスという声が自分の生きてきた道の向こう から聞こえてきます。乗り越えましょう。

世界一大きい豆モダマ (2020年6月11日)

熱帯亜熱帯に見られるツル豆で1m位になる。

ワタシのエネルギー源 (2020年5月27日)

コーヒー豆カス肥料お気に入り。

古希とコロナと原点探し (2020年5月26日)

古希になって鏡をなるべく素早く見るようになって 日常でも深くモノを考えないようになって 在宅ワークになったムスメに手抜きバレバレ イヤイヤながら頑張る毎日が丸見え 何のお手本も見せられない あるがままだ  オバサンと記していたがオバアサンと直す いぬのそらくんの母いぬとしては頑張る 道の向こうから飛びかかってきた犬には リードも付けない主を思いきり怒鳴った アブナイジャナイデスカ ウチノイヌハモウ ニカイモマエアシオッテイルンデスカラ 近所故にその犬と主にはちょくちょく会う 今朝も向こうを行きすぎながらコワイゾオと 犬とはなしているのを聞いてコワカッタネと 応酬したがコロナストレスでウツなのか ヨクナイネエと多少の反省をしている 長い間絵画教室に通っていても未だに迷い それは誰でも同じ事だと理解しているが ハッキリと生きがいであると認識しているが 先生もそれを見つけなさいと言っているのだが 原点の自分を見つめ直さないといけないと思う 真面目に夜中にでも携帯にメモして忘れない ように努力するがメモが貯まりすぎた 何時も具合の悪い右耳をいじりすぎばい菌が入り 又クラビット3日飲んで改善しているが その姿を見ているムスメにホラゴランナサイ マタイジルカラデショと叱られる 行くなと言われれば裏のスーパーさえ行かない 代わりに出好きの家人が日に2回も行く 結構自宅内が大好きなのは50代まで仕事したり 海外生活やそこでの引っ越しの多さや帰国後の 引っ越し故であるし引っ越し先導隊であった のはワタシだから仕方が無い この頃マスクを洗って乾かし使うのがイヤになった どうも気管支などに余り良くないような気がする 元々外出時には1年中マスクのお世話になっている 病持ちはヤハリ清潔な使い捨てマスクに限る マスク買いますドンドンお店に出して下さい 歯科で最終的な治療がしたい もう2ヶ月も延期になっている 普通の生活がどんなに大事か思い知らされた 来年にはクヨクヨしていたねと笑いたい 世界中の人々が少しでも明るい笑顔になる日が 早く早く来ますように田んぼの神様にお願いする

ソシャールディスタンス (2020年5月24日)

日差しが戻ると気温が上がり夏日を予測して犬散歩時間が 早くなります。熱は出ませんが喉や耳に何時もの不調が ありスッキリしません。何かのアレルギー反応なのだろう と思います。取りあえず太陽ビタミン吸収です。 そらくんに待ちかねて要求姿勢で急かされる日常を 何とか無視したりスケジュールを変えたいのですが暇な 身分でそれも叶いません。うれしくて道に出るまでワンワン クウクウ鳴くのでおやつでごまかします。同じ階の黒い トイプウちゃんと鳴き交わすのが頭痛の種です。 お花の種類が多い素敵な庭を眺めながら30分位の散歩 終了の頃歩道を塞ぐ欧米人一家の姿が見えました。車道に は車往来がなくてそちらを歩いてもよいのですが無意識の うちにソーリーと言いながら彼らの真ん中を進んでいたのです。 太陽ビタミン吸収の為に公園を目指しているのでしょう。 後ろでオオッという小さなドヨメキガ聞こえて家のわんこ が可愛いのかなあと思いましたがそんな訳ありません。 彼らは絶対車道迂回すると思いびっくりしたのでしょう。 自分もハッとして想い出しました。非常時ですから距離 を保ちましょうと言う言葉を。接触したわけではありません。 彼ら家族は全員マスク無しで夏バージョン服装でした。 ついこの間はマスク無しで歩道の落とし物を掃除している 主とダックスくんがいて主が思い切りクシャミをしていました ので車道をぐるりと回避しました。同じ場所で2回も。 犬は同じ場所で用事を済ませるのが多いですがそらくんは 家の中が定着していてヤレヤレなのです。 住まいには諸外国人の方々が居られます。最近は公園で姿が 余り見えませんので自粛されているのでしょう。たまたま 8年余りの海外生活を経験して鳥フルも在りデングも在り 現地の人がチフスと呼ぶ腹痛も在り軒先に鳥かごも。 夕方にはコウモリが乱れ飛んでいる国でした。 経験故に迂回する選択より突っ切る方を選んだのでしょう。 あやしいアジア人オバアサンは何処でも勇気が一番です。 なんとも悩ましい世の中です。集団免疫とかが定着すれば 不安も少なくなるのでしょう。ヒトどうしが信頼できる 地球環境になって欲しいものです。人々が交流してこその 人間社会。物流や観光や消費の渦巻きが活発になり雇用 が懐を暖める普通の日々が戻るのは遠くないと信じています。 それにしても国からのマスクが未だに届きません。大量 販売店には色んなマスクやら消毒薬が見られるようになった と買い物係の家人が教えてくれました。家の中には通販で 購入したハンドクリーナーが随分貯まっている状況です。 それを見て満悦の自分も随分と矛盾している訳です。

レモンバームゼラニウム (2020年5月23日)

アフリカ喜望峰原産で香水原料にもなる。気分リセット。強く生きる。

田んぼの神様の樹 (2020年5月17日)

早い緑も遅いのもキレイに塗りあげられました。

木なり夏みかん (2020年5月10日)

先輩を真似てママレードをつくりました。

犬の定期検診や部屋の火災報知器の事 (2020年5月5日)

ベランダの戸を開けるとプウーンと小さな羽虫が入り込みました。 そろそろ蚊も出る頃かと思いそらくんの年一度検診と予防注射 に出向きました。動物病院は完全に予約制になっていました。 そらくんの体重は去年の3.2キロから3キロに落ちていました。 しかしヘモグロビン多以外は正常値でしたので水分摂取が少なめ だろうとの事。確かに舌が極薄ですから吊り下げ型水飲み器と ステンレスボールに水を入れて2カ所補水していますが飲み方 は少ないような気がします。 いつものように検診用紙を見ながら丁寧に説明して下さる イシダ先生です。フィラリアとフロントライン薬も出して頂いて 来月は狂犬病予防注射です。年中行事が終わるとほっとします。 前回のガス漏れ報知騒ぎをうっかり忘れてキッチン網戸に手元の アルコール入りスプレー噴射して羽虫除けして外気が流入した 為に又々ガス漏れですと大音響でアナウンスがあり管理室と 警備会社から電話が来て管理人もすっとんできました。 去年暮れとつい数週間前には炊き込みご飯の蒸気が直ぐ上の 報知器直撃で反応しました。しかし6年も住んでいて何故最近 急に反応があるのか不思議です。炊き込みご飯にはお酒少々を 入れ2回ともほてい缶焼き鳥とゴボウ人参油揚げなどの定番& 調味料でした。このメニューは美味しくて気に入っています。 他階でフライパンにお酒を沢山入れて料理する奥さんの事も 教えて貰いました。火災報知器は蒸気やアルコールにもうるさい のです。しかしガス漏れですという大音量にはマイリマシタ。 最近のガスコンロは一定時間で消える機能が付いていますし 住まいはガスストープ石油ストープ禁止です。解決策は 探知器から遠い場所に移動して炊飯です。ヤレヤレ。

薬が宅配されました (2020年4月29日)

肝臓内に多発している肝嚢胞治療後8年以上経ちました。3ヶ月 毎の定期通院をしていますがコロナ騒動後2月末に通院した後 思案していました。感染症と闘う病院です。いくら向こう見ずな 自分でも躊躇するのは遠いからです。バス電車バスで1時間半は かかります。マスクをしていても年のせいか咳き込みも在り人々 の目線も怖いです。 病院と何時もの門前薬局に電話して色々と確かめてみました。 先生の診察日に電話診療で3ヶ月分の薬をお願い出来ました。 薬局では次回支払いでいいですよと言うことで宅急便代のみ。 病院としては患者と対面しての治療が前提なのでしょうが 今回のような緊急事態ですから仕方が無いと言うことです。 飲んでいる薬は機能性ディスペプシア用胃腸薬やカロナール等 重病の方と比べると大したことはありません。8年前穿刺治療 を二つの袋にした結果改善されず感染症も入ったらしいという 事で悩ましいのです。感染症は困ります。38度5分の熱で クラビットを飲み救急車で来て下さいと言われても今の状況 ではどうなるのでしょうか。多分敗血症が問題になるのでしょう。 ついクラビットを多めに手元に置く込む習慣が出来てしまいました。 主治医につい先生もお大事になさって下さいと伝えました。 医療従事者の方々には本当に頭が下がります。こんな困難 な時を必死で戦い抜いておられるのですから。栄養を取り 早くワクチン使用もされて患者の希望の星で居て下さい。 コロナへの恐怖から咳や鼻水だと家族同士でさえ注意喚起です。 幸い37度以上の熱は出ませんが平熱が36度ですから心配。 タバコを止められずこっそり吸っている家人は多分リスクの 高い人であるはずです。おまけに殆ど出なくなったとは言え 喘息持ちです。セッセと買い出し係をコナシテイマスカラ 更にリスクがアップしています。 最近は道でクワエタバコやポイ捨てが堂々と行われています。 場所が無くストレスもアップしている様子です。近所の 大病院の庭隅にはベンディングマシンと休憩場所と喫煙 がセットで在りますが大目に眺めてしまいます。急に止めろ と言われても困る喫煙者数と歴史なのでしょう。勿論 我が家では毎日が一人との戦いです。 癒やし犬そらは皆に気合いを入れ回り散歩でも助けてくれます。 まだ適度にワガママで気が抜けませんがそこが家族の 日々の緊張感向上です。

アトリエ入口の布 (2020年4月26日)

無地のバティクはりんごちゃんも好きだった。

コロナウイルスと日常 (2020年4月15日)

美術公募展展示も中止になったり延期になったりで文化活動 は低迷しています。買い物は家人が担当でテレワーク中の 家族は今日は労働日明日は強制休暇とカレンダーに記入です。 自分は朝夕犬散歩で家族はジョギングロード強歩などして ビタミンD補給です。仕事続行者には申し訳ない高齢者他です。 テレビに映る医療現場などの光景に胸を痛めています。 10年くらい前にはお昼時研修医の方達が大忙しの時間の 合間におにぎりを買いに走った方を待ちバリバリと包み を破り大慌てでお腹に詰め込む様子が待合室から伺われました。 それ故今では更に大変な日々でダウンする先生が居るのでは 無いかと老婆心をつのらせます。病院には解決する手立てを 持つ優秀な方がおられるはずですから無用の心配でしょうか。 60年以上前にアジア風邪で肺炎になり手遅れですとハッキリ 言われたのを覚えています。幸い他の病院でペニシリンを お尻に注射されて生き返りましたがその後何年も体育見学や 通院検査で実に孤独な幼少時代を過ごしました。 様々な病気で苦しむ子供や大人が日常的に見られる頃でした。 人は意外に強いモノです。気力も奮い起こして生き延びましょう。 田んぼの蛙が鳴く程度の自分の声では有りますが日頃病院と 深い関係がありつい力が入ってしまします。特に定期通院して 居る病院には更に深い信頼というモノが有ります。2月末に 通院した時はまだ寒い時期の先生が上っ張りから毛ずねを 出して居る様子にびっくり。衛生ケアと走り回る日常が 垣間見られました。感染症と闘う病院です。 しかし来月中旬に通院すべきかは悩むところです。薬局 とファックスで通信して薬を宅配して頂けたら良いのですが ヤハリ現状では無理なのでしょうか。 歯科センターからは担当の先生から予約変更の電話があり うれしく思いました。患者と医師は信頼関係で繋がっています。 病院の先生方は患者にとって希望の星ですからくれぐれも ご自分の体を大切にして頂きたいと思います。 中止が多い銀座画廊展示ですが来月末の暁展お誘いの葉書 が届きもう5年位のお付き合いで勉強させて頂いて居る 画廊ですので奮闘制作です。会派を越え展示もアイウエオ順 です。それ故前回などは目立つ場所に飾られてびっくりでした。 隣に何処かの会員の方の作品が飾られているとついスミマセン ワタシが隣でと謝ったりしています。

植物はシブトイ (2020年4月12日)

強いメッセージを受け取ろう。

花韮群生 (2020年4月7日)

松の根元の可憐なおしゃべり娘たち。

又々強風の通院日 (2020年4月4日)

春は風が強い。しかし通院日に大当たりなのはどうしたモノか。 悪いところは早く治したいと今頃になって真面目な患者に 変化した自分である。外出時咳をしまいとすると余計にでる。 薬局でダイレクト改善薬を購入した。マスクもバッチリ。 通年外出時マスクであっちの鞄に3枚こっちの棚に2枚と 隠れていたのも集合して何とかストック最終段階では無い。 販売に期待できないから外出時のみ新品で後は洗いマスク。 政府から2枚届いたら家人とワタシが洗いながら使う。 電車やバスは空いていた。日差しがある日でうれしい。 突風は場所によりやって来る。桜の花が散ってしまう。 電車の中の向かい側で中年と思しき男性が膝上にパソコン 隣にバギー。赤ちゃんはじっと同じ場所を見上げて大人しい。 車内のテレビを見上げていた。知的な雰囲気の赤ちゃん。 その内パパの方向へ身を乗り出した。反対側に仰け反るパパ。 アーンとアキタヨ声の赤ちゃん。パパの手を握りたい。 よく似た細長い色白の指をしっかり握りご満悦の赤ちゃん。 パパは諦めて握ったまま左手操作。何かとてもいい感じだ。 職場に連れて行くのかハタマタ不明だがコロナ騒ぎで肉親 の愛情が強まる場面。しかし拗れたり脱線したりと難しい 試練が渦巻いている巷に違いない。 病院は何時もの通りドアも閉まらない強風に立ち尽くしていた。 50年位前この辺一帯は駅から海まで一面水田が広がっていた。 問診と検温が在り34度7分。アレこんなに低い体温初めて。 これ変ですよねと窓口に尋ねると今日は皆さん低いんですと。 通常36度くらいだ。最近36度9分位になったことも在り 焦ったが風邪も引くし体調だって善し悪しある。食欲は有る。 考えてみると何となくふらつく事が多く初めての体験の日だ。 体温調整の機能が落ちていたのだろうか。 ホドホドに元気で無いと病院にも行けない現状だ。 患者も少なくて自主的に消毒薬を手にすり込む。都心の病院 と比べて看護師さんも優しく働いている方も極普通でほっと する。場所によっては患者も緊張してぼーっとしていられない。 病院内ではクレバーな患者を演じないといけない。疲れる。 先生は目にシールド口にマスク。キリッとしておられる。 まだ目視では解らない位のばい菌がありそうだとのことで 処置後1ヶ月後に最終治療になる。ほぼ治ったと言うことで 2カ所で通算10ヶ月余りの戦いだったが良かった良かった。 即気分が明るくなりバス停の横の家の満開の桜1本などを 見上げカラリとしたブルーの空を愛でた。メジロだろうか 数羽の鳥が花をツイバミ枝を揺らしていた。 帰宅時のバス内で咳が出た。二つ隣の女性がピョンと跳び上がった。 バスの窓がアチコチ開いていて風やらホコリやらが咳誘発だ。 咳止めを喉に振りかけた。何か言って説明した方が良いのか。 カンバッジを付けていないから。家人に咳が出た!と喚いて 我慢すると余計でるよねと確認しあった。駅の階段で若い男性が 大くしゃみして肘で覆い下を向いていたが直ぐ後ろのワタシは 確かに迷惑顔をしていたはずだ。帰宅しての夜何時もより熱が 出たのは色んなウイルスの影響か。鶴亀。

雪とコロナと桜の日 (2020年3月29日)

落ち着いてきたそらくんと仲良しももちゃん。

投げ売り蘭(土佐っこ) (2020年3月23日)

検索して割り箸芯に水苔巻き素焼き鉢で再生。

満員ではない快速電車 (2020年3月20日)

コロナコロナコロナの日々で滅多に外出しないのだが春の絵画 公募展の作品を遠方で制作しているので行くぞと決意の日。 持病在り高齢者仲間なので初めて快速電車グリーン車に乗る。 普通の主婦が贅沢をしてみたが乗り方から人の真似なのだ。 プラットホームで買えるよという家人や友人のアドバイスに 従いスイカに情報を入れて地下の方に乗り座席の天上にある スイカ表示にタッチして緑に変わりホットした。 人を避けて斑に座る人は少なく換気抜群で上着が無いと風邪を 引きそうである。案の定くしゃみ氏が二人くらい居た。風邪を 引いているからグリーン車という選択も有るわけだ。 地下の方の席を選択したので景色はスコブル悪いが空いていて アタリ。横浜駅に近くなると桜色が見え人出も地元より多い。 帰宅時は何時もの快速電車だ。電車トラブルが在りプラットホーム が時差帰宅の人達でいっぱいになりアトリエを早く出た甲斐が無い かと案じた。しかし何時ものように座れて咳が出ないように 口の中にのど飴を放り込んだのが失敗だった。マスクはキチンと していたがうたた寝していたら飴にむせてしまったのだ。 ゴホンゴホン。 冷たい目線がサッと集まり焦った。しかし怪しいアジア風オバサン なのでもっと咳き込み又寝たふり。自分も多分同じ行動をすると 思う。風邪ではありませんと伝えるべきだったか。家人や友人に 状況メール。そして手袋をキチンとはめなおした。ある友人は 移りませんと明記された缶バッジがあると教えてくれた。 イヤだイヤだ、コロナ。ヒトのココロまでコロナ色に染める。

お散歩日和 (2020年3月16日)

そらくんずーっと仲良しで四季を楽しもうね。

そらくんと遊ぶ (2020年3月8日)

反抗期を乗り越えて漸く5才半になりましたが季節はコロナと 春のイとライラ期です。それでそらくんとは意識的に噛まないよう な遊びを考えています。以前購入したピンク色の仔犬みたいな ぬいぐるみを出して見ました。 当然目の前のピンク色のモモちゃんに噛みつきます。何処と言わず がぶがぶです。持っているワタシの指も同時に狙います。なので わざと指を口に入れて噛まないでね痛いからねと言うと噛みません。 何回も指を狙うのでその度にわざと少し口に入れて噛まないでね。 そらくんのおくちの歯と来たら立派なオオカミ並みに見えます。 ももちゃんを本当の仔犬に見立てて顔にスリスリ背中にスリスリ よその犬たちがやっているようにお尻にもご挨拶。遊んでいる 内にそれも嫌がらなくなりました。これは凄い進歩なのです。 毎日体をアチコチ全部触る訓練をしていますが何でも毎日の 習慣にする犬なので時々面倒くさいと感じてしまいます。 ハーネスリードは体に付けたままですが緩めてマッサージして その内には新しいモノに変えても大丈夫と考えています。 以前リードの一部を噛みきろうとしたのが在り戒めです。 そらくんは朝トイレしたよと主を起こします。夜中には足下 の膝掛けベッドに寝て居るのでわざと蹴飛ばしたりしたのを ドーナツ状に直したりしてあげます。ヒトの様に嬉しそうな 顔をして寝て居ます。本当は頭からかぶって寝るのが好き そうです。犬は昔穴を掘りそこで寝て居たそうですから。 怪我以来ケージも嫌いになりましたがもう1年以上ビスケット 等を奥に放り込みオスワリ20秒カウントで取りに入らせる 訓練中です。足が長いので入らずノビーッとして手に入れて いますが。訓練でケージ入りデイサービスは難しそうです。 何時ものお店の1日や泊まりは大丈夫なのが有り難いです。 寒いのに防寒服無しで颯爽と歩き主の世話も焼きます。 ツンツンと足に触りコミュニケーションとります。自転車 来るよ、ブーブー車だよ、と話しかけながら朝晩散歩。 ビビリの臆病な怯える性格のそらくんです。でも1日 2回くらいは可愛いねと言われます。 動物はヒトを助けます。ヒトとは太古からの友達なのです。 主も辛抱強く係わり信頼関係100%になりたいものです。 当たり前の犬との信頼関係ですがそらくんは何倍も時間が かかる事になりました。

続・歯科治療は寒気団と強風の日 (2020年3月7日)

悪天候は何時もセットでやって来るのでヨシ行くぞと気合いを 入れてリュックサックを背負い万全の装備でバス電車バス。 一応毛糸の手袋をはめて直接触らない為の注意なのでした。 外出時に用事をまとめる癖があり行きがてらアチコチの 薬局を回り何かこの頃の生活に役立つモノは無いかと見て 歩きました。昼食用ビタミンゼリー、手洗い詰め替え用1リットル こちらでは消毒用ウエットティシュー。マスクの姿は無し。 紙マスクを中性洗剤で押し洗いゆすいでそのまま外干し が良いと思います。アイロンがけでモアベター。 小さめのリュックサックですので重くなりました。病院内 ではこの中にコートも丸めて押し込むので便利ではあります。 自分は見た目がアジア人おばさんそれも怪しいと来ています。 勿論海外ではもっと怪しいと警戒されるはずです。 この間は椅子に座ろうとして横を見たら丁度奥様ががま口 を開けている所で隣のだんな様がオイチュウイシロヨと 言っているのが聞こえてきました。怪しく見えたのでしょう。 歯科治療は素早くプロフェッショナル仕事人。歯科治療人生 で最高の女医先生です。普通の歯科は患者が多いからこんな 丁寧な治療をしていたらペイしないはずです。それで紹介 して下さった近所のラッキーバード歯科さんに感謝です。 月に1回ですので後2回位で抜かないで治りそうなので 本当に嬉しく思います。 先生、良くは解りませんが素晴らしい治療です。 本当に有り難うございます。 帰路にも歩き回り犬のおやつなど調達してバス待ち15分 で大汗が冷えてしまい夕食時には喉も少し痛くなり仕方なく 風邪薬飲み早めに寝ました。引き始めが効果的だと思います。 この間までガスモチンを少しの間止めていたので機能性 ディスペプシアが悪化していました。ガスモチンとミヤリサン を毎食後飲むと改善されます。胃と腸の動きが鈍いので助けて あげないと支障が出るのです。まあ若い頃からどれだけ苦労 したことでしょう。 それでも人生で危機的な時に意外と回避したり助けて下さる ヒトが現れるのが不思議なのです。取りあえずご先祖様や 天国のりんごちゃんに感謝です。りんごちゃんは歯磨きが 嫌いで歯槽膿漏で廊下にゴミのような小さな歯が落ちていた モノです。しかし食欲満点で15才近くまで生きました。

花粉か風邪かハタマタ (2020年3月3日)

なんだか喉や耳の不調感があり葛根湯を飲んでみたりこの間 病院で貰ったカロナールを飲んでみたりルル飲んだりパブロン 試したりしてもスッキリせずこれではインドネシアで鳥フル 対応していた頃と同じ馬鹿な行為だと反省中です。 肝臓がイヤダイヤダ又主のイジメが始まったよと嘆いている のが解ります。でもスッキリ治らないと貴女鼻声よと言われたり 咳やクシャミでもしようならハッと振り向かれ喘息の家人は もっと困っています。モヤモヤ感が無くならないのです。 マスクの表に残り僅かになってきたエタノール消毒スプレーを して滅菌ガーゼも漂白剤につけて洗い日向に干してみました。 いつマスクが出回るか解りません。ここは子育て世代の多い 集合住宅ですから若い人達があっという間にエスエヌエスで 連絡し合いゲットしてしまいます。マスクも生き残り作戦です。 迂闊なことにここは日本だ安心だと考えてトイレットペーパー やティッシュペーパー買いだめして無くて昨日家人が車で 8カ所廻りトイレットペーパーふた袋購入。大喜びでした。 これからはそれぞれ3つ位は在庫に。米も同様です。 15年以上前のインドネシア生活ではトイレットペーパー 問題で大苦労したモノです。同様に日本の30年代の田舎の 暮らしではヤハリ新聞様や粗悪トイレ紙や農家では新聞使用で 別箱に収納したモノを肥料にしている様子でした。日本でも 無い時は工夫して暮らしていたのです。ヒトにはチエが有ります。 しかし今のコロナでは高齢者や持病在りのヒトには特につらい モノが有ります。逆流性胃炎が再燃したのか自律神経からか 食欲はあるのでヨガ呼吸したりして落ち着かせています。 用事があればバスや電車にも乗らないといけないからです。 テレビ情報に吸い寄せられて居るとエネルギーまで低下 しそうな程ドキドキしてきます。正確な信頼できる情報 が欲しいものです。整理された情報と現状理解です。 上から下まで対策で走り回り又医師が疲労で倒れたりするのか と案じています。医師もヒトですからヨレヨレして居るのを 観たことが有りますので心配です。素早い対応が必要です。 こんな中犬のそらくんは朝方家族一人一人を案じて起こして 回り中々偉いのです。春先ですからうっかりしていると犬も 反抗が再燃するかと気がきでは無く躾は怠り有りませんが 犬猫もコロナ対策なんです。

名前知らずの花の木 (2020年2月26日)

背伸びしてやっとゲット。午後にはスカスカに枝カットされてました!

畑の先輩おばあさんやマスクの事など (2020年2月25日)

孝行息子と90才以上には見える先輩おばあさんの小さな畑 が散歩コースに在りイヤでも定点観察してしまいます。 小さいと言っても今時の駐車場付きのモダンハウスが5戸 は建つ広さではあります。つい取らぬ狸の皮算用。 先輩おばあさんはその畑で遊んでいると言って良い状況に なりました。以前の様にクワや鋤きを使う様子は見えません。 畑の植物と言えばイチゴ苗や大根とアスパラガス用ネット。 先輩おばあさんは小さな座れるカートを押しながら草むしり したりホオーッとしています。目が合い挨拶する事も 無くなり以前の半分位に見える姿は野良着が粗末です。 これがいいと好んで繰り返し使う服なのでしょう。 カラスとも話していた孝行息子は時折一緒で何か相談しています。 お早うございますと大声で話しかけたらこちらを向いてくれる かなあと思いますがもう諦めることにしました。 マスクが近所の店で売り出されるとあっという間に無くなり どこに行っても見つからずやっと子供用ガーゼマスクを買い これは洗って使用でき滅菌ガーゼを足すと良いと満足。 マスクをしなさいと言っても無いものは無いのです。 当分は子供用マスクを散歩用に使用しますが小顔でマッチ。 幼少時はマスクを洗って使用。漂白無しで色悪しでした。 自治体経由で平等に各戸に届くシステムにしないと買い占め には勝てないその他大勢なのです。マスクを使用していない ヒトは購入できない事も多いのではないかと推測します。 コロナより前に大量に入ったマスク箱を家人に3個買うように お願いしたのですが1個しか購入してこなくてその後先見の明 が有ったワタシだったと落胆。外出時にはマスクの生活です。 信州の田舎でも買い占め部隊が来て直ぐ無くなると親類の 話です。何時も行く薬局の80代店主が手洗いうがいと 普通の風邪対策と同じ事を注意していれば良いと。納得。 その方はマスク無しでレジ対応されています。 河津桜が満開でオオイヌノフグリの青や水仙の黄色が春色 スケッチ気分です。春の絵画大公募展に二つチャレンジ。 絵画は自分探しの旅です。納得出来る絵に出会いたいです。 コロナに負けない精神で生き抜きましょう。家族の暖かい エールに感謝。

寒冷紗の中パートU (2020年2月16日)

外は氷雨とコロナウイルスだけど。

ハンサムウーマンな先生 (2020年2月8日)

どういうわけか何時もの事で天候が悪い社会状況が悪い時に 通院が有る。予約が入っている。強風で病院のドアもヒトが 支えていないと開きっぱなし。しかしそんな時は俄然ファイト が湧く性格だ。ご先祖様天国のりんごちゃん助けてねとお願いする。 駅までのバスの隣には偶然同じ住まいの女性で同年齢のヒトが座り 近所の病院情報などゲットした。息子さんが石垣島の旅をプレゼント してくれると喜んでいたが諸般の事情が心配である。心配はキリが ないがしないといけないときはあるがリウマチの彼女にはストレス が良くない。 あそこには有るかも知れないとマスクを探すが無い。滅菌ガーゼ を入れて使用する方法も考えた。ハンドスプレーも殆ど無い。 病院のコンビニに僅かな期待をしたが外れた。人混みの場所に 行くときのみ使用して近所散歩は使用しないと決めた。 大きな地震の後に様々な生活物資を求めて退院直後も忘れ 頑張ったことを想い出した。その後3ヶ月インドネシアに戻り 乾電池やらローソクやら他国製品を買い漁り帰国した頃には 粗末にしてしまった。国々や人々は助け合わないといけない。 歯科医療センターの女医さんは今日もテキパキ。1時間余りの治療 中目はケシテ開けない自分だ。勿論眩しいと言うことも有るが 器具その他が怖いからだ。先生の指示通り分かりやすい説明 も聞いてできるだけリラックスするように努力した。そう、 指をできるだけ握らないように気楽に。 ウウムここだね、ウーン、等と独り言ちながらピッと瞼に青い光 が点滅したり滅菌オーケーの音か小さくピと。アイタと感じたら アッ痛かったねと麻酔らしき感じ。ザッと広げたり椅子を移動 したり顕微鏡使用で丁寧に治療して頂いていた。問題点も 分かりやすく説明して下さった。最高の丁寧さだと感じた。 次回は1ヶ月後だ。何か機械室の中に居て部品をチェックされる 感じも在りで素早く的確な感じがプロフェッショナル仕事人。 顕微鏡も大きなモノかと想像していたら意外にコンパクト。 広い治療室のブース毎に治療のケースが違うらしい。 歯が弱い虫歯が多い人生だったが古希の今以外に助けて 頂き又々感謝しか無い。 帰りのバス停で庭先の木に居たギャーギャーカラスにウルサイヨ と語りかけるほどの余裕がでた。強風は意外に其処には無かった。 インドネシア生活で困難な時ほど笑うファイト精神になる様に 自分改造をした事も再確認。何が人生に役立つか分からない。

感染症と戦う病院 (2020年2月1日)

予約通りに病院に行きました。なんだかいつもより患者の数が 少なくてテレビで観た通り感染症対策病院の一つとして臨んで 居る様子がリアルです。問題の患者さんの検診は別棟(旧棟)で 行われていて新棟に完全に切り替えられた現在です。1階の 壁にもその旨プリントされた紙が貼られていました。 マスクと入り口の消毒とトイレの消毒と考えられる限りショウドク の一日でした。確かにCT室の前の椅子には患者が少なくて 座ると同時に呼ばれました。服靴着用のまま横になるだけの所 なのですが平らに寝て起きられずトホホでした。若い技師さん が苦笑い。こういう日はキャンセルした方が良いのだろうか。 しかしインドネシアで医療問題で苦労しましたので病院に行ける と言うだけで幸せなのでキャンセルなど考えもしませんでした。 中で使ったマスクを捨て又新しいマスクをと一日3,4枚取り替え ました。朝から断食で水分も少なく採血検査の時に観るとチが ドロドロでびっくりしましたがストレスや分不足でなるそうです。 恥ずかしいことに支払いプロセスの流れを1回間違えて椅子に すわりその後はっと気がついて訂正しましたがヤハリ動揺して いたと思いました。呆けたわけではないはずです。 バスで新橋に出て薬局でスプレーアルコールでも買おうと思い 入ると観光客の方が数人マスクを求めていました。ワゴンで山の 様にマスクが奥から出てきます。同国の対応女性が3人レジに居て 自国のレジは別になっていました。その女性ともう免疫出来たんじゃ ないですか何て言いながら笑いました。アルコールスプレーは 売り切れていて消毒用エタノールを買いました。 絵画教室の日、月2回で月謝も払ってあるし部屋の隅っこで描き おにぎりを食べてササッと帰ろうと決意して古希の他2名にメール。 しかしどこでどう感染するかわからない状況だしいちいち怯えて 行動しなかったら更に免疫力も低下するはずです。インフルエンザ になった人も居ます。マケナイという気持ちが免疫力アップです。 温暖気候でスギ花粉も沢山舞うのではないでしょうか。風邪なのか アレルギーなのかインフルエンザなのかハタマタ不明です。 高齢者の多くは自宅付近しか出歩かず固まっているとメールが 来ます。それが一番なのかも知れません。ワタシは海外に8年も 住んでしまい様々な病気を知りました。変化してしまったという しかありません。結構な怖い物知らずですが怖さを知ったとも 言えます。友人はデング熱に2回も罹りました。 意地でも免疫力を落とすわけには行きません。絵画制作はバシッ と描きパシッと決まりました。先生は魔法の言葉を教えて下さり オオッと感動。脳みそに刷り込みました。収穫が有ったのです。 医療関係の方々、病院ボランティアの方など整然と行動されていて 安心感のある我が国だと改めて思いました。感謝。

ベランダの植物たち (2020年1月27日)

今年は寒冷紗で包んで風も寒さも平気です。

免疫力が低下している? (2020年1月25日)

昨年の7月から歯根治療していたが改善されず歯科医療センター に紹介状を書いて頂きましたので初めて訪れてみました。 込んでいて予約は1ヶ月半後でした。 割合と近いと認識していましたが朝の電車トラブルなど在り 多めの時間予測でアタリでした。なるべく自力で家人の車を 当てにしないようにしています。勿論お留守番の心配なそらくん のことも有りますが海外で苦労した経験から来ています。 大きくて古い病院は来年改築されると案内が出ていました。 明るくて説明上手な女医さんがレントゲン写真を見せながら ホラねこことここと3本の根元が黒くなっていますよ。てっきり 2本かと思っていたらその手前の歯も問題らしいです。薬を 入れて様子見していましたがラチがアカナカッタ結末です。 3本ともいじっちゃうかも知れませんよ、ブリッジかなあ。 先生もう2カ所もブリッジしてありますがと思わず言いました。 テキパキしているので不安感がありませんでしたが珍しいとも。 広い部屋はくぎられた場所が奥まで続き治療器具がそれぞれ 置かれて居て目が点になる光景でした。歯科が苦手な自分 から見ると勇気のある人達が勉強しているモノだと嘆息。 幼少時に虚弱で虫歯が多く歯肉の中で成長不良で熱が出たのが 3本はあり中々抜けなくて後の出血も多かったり割れた歯も ありで散々な道のりです。ガサツな生活でも何とか今日まで やってこれておまけに医療センターに紹介して頂けてラッキー。 8年前に肝嚢胞穿刺治療後内科医の許可がありアチコチの歯を 治療しました。今回の3本の場所は一番荒れていて歯槽膿漏 気味だったと記憶しています。下の場所がヤハリ荒れて治らず 歯科医に肝嚢胞の事も説明しました。大丈夫と言うことでした が確かクラビットが出た記憶があります。 歯科治療の事は何もわかりませんが経験を伝えることにより 何か役に立つことも有るかと考えています。顕微鏡検査治療 は混んでいて来月の予約になりました。色んな状況の患者に 対処する医師という職業に今更ながら敬服します。 レントゲン室の前で年配ご同輩婦人と話しました。舌に出来た モノをとったけれど心配が在り本日MRIを撮るとのことでした。 心配なことは解決して安心したいですねと笑い合いました。 帰宅すると誕生日プレゼントの蘭の切り花が元気に咲いていて 花が大好きなワタシはご機嫌です。今年は奮発してくれた様子。 それにしても体格食欲とは関係なく免疫力が低下しているのか。 昨年末に引いた軽い風邪がスッキリ治らないのですが会った 翌日インフルエンザに罹ったヒトからは移りませんでした。 ジャカルタ時代鳥フルが流行りましたが案外大丈夫でしたので この辺りの免疫力は意外と有るのかも知れません。又は軽く 済んでいるのでしょうか。市販風邪薬は適宜飲みます。

太めのあなたとワタシの悩み (2020年1月17日)

着ぶくれた人々が乗る冬の通勤快速電車。座れたから幸せ。 そして1時間半の車内ミニドラマが今日も生まれた。 行きの電車内では若い太めの貴女。寄りかかる寄りかかる。 端っこで逃げ場がないので重いったらない。何回も外す。 セッカク譲られた席だが立ちたい思いも出る。携帯を 握った手がしっかりしているので爆睡とは思えない。 いい加減にして下さいと思わず言った。スミマセンと小さい 声が在りなんだ意外とまともじゃないかと判断したが間違い。 又寄りかかる寄りかかる。常習者と見た。こちらにストレス を感じさせて満足なヒトに違いなかろう。憂さ晴らしだ。 横浜は千葉より曇りで千葉のプラットホームから見上げた セルリアンブルーの空に淡々とした透明ぽい白雲の動きが 嘘のよう。モスでソイバーガーヘルシーランチ。 風邪がスッキリ治らないが食欲だけは衰えない太めのワタシ。 帰りの電車内の貴男。大分太めの方が無理矢理横の隙間に 座り込んだがはみ出て前のめりのまま仕方なく携帯操作してる。 無理なモノは無理。誰かが降りて何処かで細めのヒトが座り 漸く隣のヒトも後ろまで入り込みスミマセンとつぶやいた。 家路を目指すバスの中でも若い貴男が隣に座りスミマセンと。 若いサラリーマンもタイヘンだ。昔と違う生きにくい世の中 なのだろうと推測した。意外と女性の方が強いのかも知れない。 ワタシも隅っこの席で爆睡したかったが外国人目線で車内を 眺めてしまった。そういえば外国人背広姿がピーナツ袋片手に ポリポリしていたが日本に適応した結果なのだろうか。

犬のそらくんの日常 (2020年1月11日)

冬になりましたので朝夕散歩の時間が決まりません。多少お日様 が出てくるまでホットカーペット、ケージの膝掛け2枚の中、 母ちゃんの部屋のベッド下の暖か寝床と移動して回るそらくん。 何処か1カ所にしてくれたら暖房費が節約できるのに。 母ちゃんの顔色をうかがいながら動くのは困りものです。 何でも遊びの対象にして習慣化してしまうのです。 風ピュウピュウや雨コンコン等は窓を開けて説明すると理解。 母ちゃんの外出時はお互い知らん顔で父ちゃんとお留守番ですが その内自分だけでお留守番出来るようになるでしょう。 それにしても膝掛け2枚の寝床を実に上手に土を掘り返す様に 整えるのを見て何時も家人と感心してしまいます。最後は口で 顎を乗せる場所を作り突っ伏したりして爆睡しています。 最近は以前に比べて我慢強くなり従順気味のそらくんですが つい気を許すとホットカーペットの上に寝転んだ母ちゃんの 体を足がかりにソファによじ登ろうとします。障害物が沢山 置いてありますのでいい加減に諦めたかというとヤハリ昔の リーダー経験を忘れては居ない様子です。ダラダラ出来ません。 この辺が賢いとも言えるトイプードルです。父ちゃんのことも 試している様子がありありで夜中の9時頃ホラ最後の一粒を 食べなさいと餌やりしている家人は涙ぐましいほど我慢強い です。お互いに我慢ごっこしている犬と主です。 静電気の起こりやすいシルク毛マイタケ耳のそらくんは踝を 気にしての散歩を思いやり歩幅を合わせたり四肢を踏ん張り 引っ張ったりするカワイイ犬です。抱っこバックの上に座る 変な子ですが雪が降れば中に入るだろうともう半年も辛抱中 の母ちゃんです。強制的な事は怪我経験時沢山してしまいました ので極力優しく信頼関係修復に努めている我が家です。

古希と言えば体がコキッと答えます (2020年1月3日)

トホホな事に何事も思うようにスッキリと運ばず掃除料理運動 とアア面倒だヒトは歩くゴミだと内心でボヤキマクル日々です。 犬のそらくんは朝からご飯は食べないし散歩には目を輝かせて 急かしてくるので最低朝晩30分散歩は欠かせません。 12月に歩き回り立ち尽くしたりして足の踝を痛めたのが 中々治らずサロンパスの日とホカロンの日を繰り返して大分 良くなっては居ますがこれも年齢からか。恒例風邪は軽くて 済みましたが家族内で一人マスクしてます。 冷蔵庫に入れておく簡易ヌカズケのお世話を忘れていました。 有り難いことに新しいヌカを足して鷹の爪と塩を加えて又 蕪のヌカズケを期待できます。たまに眼鏡をかけて家の中を チェックすると余りかけない方が良いと気がつきます。 恵まれている方だとは思います。人生のご褒美の絵画の時間 も有るしヤカマシク言って喧嘩出来る相手も居ます。 2年ほど続いた犬の反抗期もほぼ落ち着いてきました。 何と言っても食欲系で乗り切るファイトは健在なのですから。 絵画の先生からは次に進むヒントを頂いて居るのでない知恵 絞り考えたりするのも結構楽しい時間と言えます。 悲しいのは行動力の低下です。ジャカルタから日本に帰国 した頃日本の狭い部屋にどうやってこの荷物を置くかと 床にテープを貼り荷物を入れてみたりアレヤコレヤ考え PCで日本の不動産屋と交信したりで様々行動していました。 そういう事に明るい方には戯れ言でしょうが自分にとっては 実に骨の折れる作業でした。やれば出来た頃です。 今年は去年より更に手抜きしてラクチンしたいモノです。 もう少し断捨離してガラクタを処分できればマシでしょう。 お正月用に求めた小枝が落葉してきたので根元の皮を取り 花の茎も根元を十字にきり更に持つ処理をしました。 サスガニ土に差しても延命は無理な植物達です。 鉢の中の名前知らずの若木芽は先日の強風でヘタリました。 さあ冬の姿形をしっかり見つめながら春を待ちましょう。